CMEグループは、ビットコイン先物取引を開始すると発表した。

これは控えめではなく、ビットコインの歴史の中心的な瞬間であり、非常に簡単に言えば、未来はとても明るいと言える。

2017年はすばらしい年と言えたでしょう。交換ユーザー、ウォレットのダウンロード、ソーシャルメディアのチャット、Googleの検索動向、取引量、1日あたりの取引など、指数関数的な成長の兆候を示している。



価格はこれらの指標と連動しており、ビットコインはこれまで以上に多くの人が取引をしている。

(CBOEのウェブサイトでも、ビットコイン先物市場を開始したためにサーバーがダウンしてしまった。)ほとんどの場合、これらの停止はアクセス集中によるものである。

この関心事を背景に、先物市場は、伝統的な規制市場にビットコインを効果的に取り込み、仮想通貨の勢いを疑っている人やそれが依然として詐欺だと思っている人に正当性を示している。それにもかかわらず、一部のビットコイン支持者はウォールストリートの承認証印を問題視している。

Andreas Antonopoulosは

「私は「合法性」という言葉に独特のアレルギー反応のようなものがあらわれる。それは、熱狂している時に吐きたいと思っています。合法性という言葉は仮想通貨のさらなる発展によって利益が出るお金持ちがビットコインを表現するために使っています。

そして、ウォール街が今年の仮想通貨の成長の直接の後ろ立てではないと示唆する理由がある。

3月10日、Bats BZX取引所は、ビットコイン市場の規制されていない非流動性の性質のために、SECによって拒否されたビットコインETF取引をしていた。

Bitcoinは、LedgerX ETFの拒否、ゼロ報酬取引を中止し、最終的にすべての取引所を閉鎖する中国の規制当局など、規制当局の手に渡って、今まで多くの規制上の課題に直面していた。

しかし、ビットコインの時価総額は、9カ月で200億ドルから3,000億ドルを上回っている。

ウォールストリートが市場に新たな関心をもたらしているとは言わざるを得ない。

先物市場は、投資家が原資産を保管することなく、規制された方法でビットコイン取引をすることを示す。

先物市場はビットコインに大きな影響を与えるだろう。

需要の増加は、先物市場の拡大をもたらし、時とともに大量生産をもたらす可能性が高い。現在、新しいETFの申請中に15件以上の申請があり、その件数は今後も増えており、Antonopoulosの言うことには、道のりが遠い。

まだ、仮想通貨の規模は小さく、今は初期段階である。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

【PR】FCoinJPは日本最大の取引所になるのか!?(11月13日更新)

世界一の取引所Binanceを超えて、今もなお注目を集め続けている仮想通貨取引所Fcoin。 ビットチャン…

ブロックチェーンに幅広い支援・規制を行うと首相が明言(リヒテンシュタイン)

リヒテンシュタイン政府がブロックチェーンシステムを法的に整備していくと、アドリアン・ハスラー首相が述べました…

ビットバンクの仮想通貨レバレッジ取引「bitbank Trade」が2019年3月3…

2019年1月10日、仮想通貨交換業者のビットバンクは、ビットコインのレバレッジ取引サービス「bitbank…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア