時価総額5位(12/24)で主要仮想通貨の一つであるライトコインを生みだしたチャーリー・リーが、所有するライトコインの売却と寄付を発表した。

 元Googleのエンジニアだったチャーリー・リーは2011年にライトコインを開発した。12/20に掲示板サービスでトークンはすべて手放したものの、ライトコインのプロジェクトには今後も関与していくと発言した。

売却時のライトコインの時価総額は約170億ドル(1兆9250億円)で、チャーリー・リーは自らが保有していた額を明らかにしていないが、売却額は1日あたりの取引量の数パーセントで、仮想通貨の時価総額を調査するcoinmarketcap.comによれば、12月のライトコインの1日あたりの取引量は約18億ドルで約20億円から200億円相当に値する。

チャーリー・リーは公でライトコインについて話すたび、ライトコインの価格を上昇させて儲けていると批判されているように感じ、またここ数年で多くの利益を上げたためライトコインを保有し続ける必要がなくなったとし、手放すことで相場操縦を疑われずに今後もライトコインの成長を見守っていけるとした。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

中国広東省のフィンテック特区が運営を開始をする

中国の広東省にあるフィンテック特区が運営を開始しました。

自民党の有志が仮想通貨取引における議員連盟を設立、法整備等に兆しか

自民党の有志が仮想通貨取引に関する議員連盟を設立しました。今後仮想通貨が金融商品となるのか、税制面で変更があ…

イーサリアムのハードフォークが無事に完了。PoS採用に向けて前進

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアムの大型ハードフォークでが実行されましたが、現在(2019年3月1日)のと…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア