イスラエル政府が同国の仮想通貨発行を検討

Israel Government Considering National Cryptocurrency

イスラエル政府が今使われている新シュケルの価値に連動した仮想通貨の発行を検討していることがわかった。国家的な仮想通貨の動きはロシアやドバイに続く動きである。

イスラエル財務省に近い人物によると、政府に登録されたデジタル通貨は同国GDPの22%を占めるまでになっている。

国内に流通する現金の量を大幅に減らす法案も検討しているという。

ただしデジタル通貨の発行に実際とりかかるのはまだ時間がかかりそうで、「経済整備法」が成立してからイスラエル中銀内で「デジタル・シュケル」の開発が検討されることになる。

2年前の現金流通の量を減らす法案はイスラエル議会で可決しなかったが、ビットコインや仮想通貨市場の盛り上がりを背景に議論が再燃している。

以前からMIT卒のイスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフ首相はビットコインが銀行にとってかわる可能性があると言及していた。首相はMIT卒業後、経済コンサルティングをしていてブロックチェーン技術を熟知しそれがどのように経済に影響を与えるかよく理解していると思われる。

今後のイスラエル政府の仮想通貨への対応に注目していきたい。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

イオス(EOS/EOS)とは?

一年で700億円以上を調達したEOSとは?

WordPressの次世代出版プラットフォームにGoogle等が出資

2019年1月14日、WordPressがリリースする次世代型の出版プラットフォーム「NewsPack(ニュ…

CentralityとCoverUS社、ヘルスケアデータ・アプリケーショ ンのグロー…

CentralityとCoverUS社、ヘルスケアデータ・アプリケーショ ンのグローバル市場における可能性を…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア