ビットコインとは

ビットコインとはインターネット上で使われている通貨で「仮想通貨」や「暗号通貨」などと呼ばれています。今ではビックカメラなどで使われています。

また、ビットコインはBTCと表されることが多く1BTC(1ビットコイン)と数えられています。

現在の値段

今までの仮想通貨と違う点

今まではウェブ上のポイントを買ってそのウェブ上だけで使えるというものでした。例えば、今までで身近だったものでいうと、LINEのスタンプを買う場合には、LINEコインを購入してそのコインを使ってスタンプを買うという流れでした。このLINEコインもこの仕組みの中でしか使えない仮想通貨でした。

一方、ビットコインは国家が運営している、円やドルのような経済活動を円滑に行うことができるように作られたものなのです。世界中で日常生活に使えるように目指していてパソコンやスマホを財布の代わりにすることができるのです。まだまだ発展が望まれますが、円やドルと比べても利便性が高く、次世代の通貨を目指しています。

ビットコインは電子マネー??

SuicaやPASMOのような電子マネーと同じようなものとしてビットコインなどの仮想通貨があると考えている方もいるかと思いますが、今の一般的な電子マネーとはその地域で使われている通貨を使って電子決済を行うというものになっています。円での取引より素早く便利に電子決済ができるというものが電子マネーですが、紙幣や硬化を使わない点は電子的に決済していますが、円を使っているということに代わりはありません。

ビットコインは何かしらの端末に円をチャージするというものではありません。円をビットコインに両替して、そのビットコインを支払う側はビットコインが減り、支払いを受ける側はビットコインが増えるという円やドルに似た通貨となります。

ビットコインを使うメリット

個人間の送金が簡単に行える

一般的には信頼のおける銀行などが仲介して送金をしていましたが、そのようなものを介さずに直接送金できることができます。

お金の流通が楽になる

銀行を通す必要がないのでどんな金額でも大変な手続きや制限が存在しません。

海外への送金についてはメリットが多い

海外への送金では審査に時間がかかったり、お金もかかったりします。今現在(2018/1/22)のビットコインの値段でもこちらの方が海外に送金するのであればお金をかけずにできます。

誰がビットコインを作ったのか

2008年10月にSatoshi Nakamotoという人物がインターネット上にあげた論文を元に、3ヶ月後にソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

ピザ2枚が1万BTCで取引された

一番最初に取引されたと言われているのがピザ二枚と1万BTCだったと言われています。そのため5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」と言われています。今日本円にして1BTC=130万円なので今も保有していれば130億円になっています。しかし、実際はピザ屋が受け取ったのではなく、この話を面白いと思った人がピザを注文し仲介したそうです。その報酬として1万BTCが支払われたそうです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

カンボジア政府が、「政府からの許可を取得しないで仮想通貨取引を取り扱うことは違法」と…

カンボジア政府は、2018年6月19日付で、「政府から許可を取得しないで仮想通貨を取り扱うことは違法である」…

アリゾナ州ではビットコインで税金を納められるよう検討中

アリゾナ州で、ビットコインで税金を払えるようにするための法案が掲げられました。

電気を盗んで仮想通貨のマイニングを行なった台湾人の男が逮捕される

2018年12月26日、ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨をマイニングする為に、約3億3000万円相当の…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア