ウクライナのオデッサ地方議会と国会の関係者57人が21000BTCを保有

ウクライナ当局の資産調査によるとオデッサ地方議会と国会の57人の関係者が21000以上のビットコインを保有していることがわかりました。

Opendatabotはウクライナの企業や役人の登録データを監視するシステムで、ウクライナの公務員は腐敗を防ぐために電子申告で資産を申告しなくてはなりません。

しかし、この数字は推定値に過ぎず、アルトコインは含まれていません。
Bihus.infoの別の調査によると、2017年に報告された仮想通貨だけでも約195.4百万グリブナ(約7億3500万円)となっている。

オデッサ市議会副議員のDmitry Palpatin Viktovovichが3分の1を保有

報告があった仮想通貨の3分の1がオデッサ市議会副議員のDmitry Palpatin Viktovovichのものであることがわかった。

仮想通貨の法律がまだないウクライナ

今現在、ウクライナ国立銀行(NBU)が認める法案はまだありません。
ウクライナでは仮想通貨規制のための法案がいくつか提出されていますが、いずれも可決されていません。

最初の二つの法案は2017年の10月に提出されました。三番目に提出された法案は二番目に提出された法案の補足となっています。そこには、仮想通貨に関する利益を免税するというものでした。

しかし、NBUはその決定はまだ早いとし、ビットコインを含む仮想通貨の法的地位についてまだ議論しています。これからのウクライナの動きに注目が集まっています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカのネバダ州で婚姻証明書にブロックチェーン技術を導入する

2019年1月7日、アメリカのネバダ州でブロックチェーン技術を用いた婚姻証明書が発行されていることが報じられ…

自民党の有志が仮想通貨取引における議員連盟を設立、法整備等に兆しか

自民党の有志が仮想通貨取引に関する議員連盟を設立しました。今後仮想通貨が金融商品となるのか、税制面で変更があ…

ASICマイナー対策により、モネロがハードフォーク実施

ASICによるモネロのマイニングの中央集権化を防ぐ為、ハードフォークが行われました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア