コインチェック記者会見を発表

コインチェックは26日、取り扱う仮想通貨の一種「NEM(ネム)」が日本円で約580億円相当、取引所から不正に外部へ送金されたと発表いたしました。ハッキングの疑いもあるといいます。同社は仮想通貨の入金や出金、売買といった取引サービスを一時停止いたしました。

コインチェックの和田晃一良(こういちろう)社長と大塚雄介取締役らは東京証券取引所で会見を開きました。

XEMが盗まれた経緯

総額580億分のXEM相当の5億2300万XEMの盗難が発覚

1/27の11:58ネムの一時停止

12:57 売買事態停止

16:33に全通貨送信禁止

17:23にビットコイン以外停止

補償の有無について

資産の補償については、補償するかどうかも含めて検討中とのことである。nemコインについては、コインチェックにある全部のコインがなくなったとのこと。これを補填するということは、580億円の補償をするということになることとから全額の返金は難しいと考えられるかもしれない。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

金融庁の仮想通貨交換業者の中間まとめ報告

2018年8月10日、仮想通貨交換業者への検査等に対し、金融庁は中間のまとめ報告を発表しました。今回の発表内…

新たな規制で国内の仮想通貨の将来が不透明に(タイ)

タイの財務省が新たな仮想通貨の規制の枠組みを発表しました。

ベネズエラ政府発行のペトロの反響について

ベネズエラ政府が発行したペトロの現状(2018年3月28日現在)をまとめてみました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア