ベネズエラが50億ドルのICOに向けホワイトペーパーを公開

       ニコラス・マドゥロ大統領

ベネズエラの石油に裏打ちされたトークンであるペトロが、公式ホワイトペーパーをリリースしICO間近になっている。ベネズエラ大統領が正式に署名したことで、最終的にホワイトペーパーが発表された。

仮想通貨監督室のカルロス・バルガス代表は「ペトロ」の事前発売を2月20日から開始すると述べた。
また、「最高裁と協議した結果、これまでにマイニング行為で逮捕された人は無罪になる」としました。

16年以降たびたび大統領の政策に反対してきた野党はペトロを「詐欺」とし、ベネズエラ経済の不安定さを考えるとペトロに投資する人は少ないだろうと指摘する人もいた。

ペトロはベネズエラ産石油備蓄を担保とし、1ペトロが1バレル相当する。発行額は1億ペトロで時価総額は約60億ドル規模(約6600億円)になる。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

米国境警備局、輸入製品の証明にブロックチェーン導入をテスト

米国境警備局は、輸入製品の証明にブロックチェーン導入のテストをすると発表がありました。

「コインチェック」や「BITBOX」等の5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に…

2019年1月4日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に、「コインチェック」やLINEの子会社の海外仮想通…

イオス(EOS/EOS)とは?

一年で700億円以上を調達したEOSとは?

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア