国外の取引に関しても規制

中国政府が、昨年から中国人ユーザーが国内外における仮想通貨取引やトークン発行を禁止していましたが、さらに規制を強化することがわかりました。
中国の規制当局は国内外のICOと仮想通貨取引に対し、一連の規制措置をとり、商業拠点の取締、国内外の仮想通貨取引所等の取り締まりも含まれているとしました。
さらに、違反する企業や団体は見つかり次第閉鎖させ、状況によってはさらなる規制措置を取る可能性もあると発表しました。

中国政府は2017年の9月4日にICOや仮想通貨取引を禁止していました。しかし、中国の投資家は国外の取引所を利用したり、国外でICOを行ったりしていました。
今のところ、プラットフォームの移転先として多くあるのが日本と香港だそうです。

この記事によれば、これから一連の規制措置が発表されるといいます。ある関係者によれば、既に具体的な措置が実施されつつあるが、あまり多くのユーザーが気付いていないだけであると語ったそうです。バイナンスは2月1日に中国本土のユーザーにサービスを提供しないと発表しました。KuCoinも1月20日に同様の発表をしました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカ株式市場NASDAQ(ナスダック)が、仮想通貨市場の合法化を目指して非公開で…

2018年7月27日、アメリカの株式市場NASDAQ(ナスダック)が、仮想通貨市場の合法化に向けた会合を非公…

二酸化炭素削減取引にブロックチェーン技術導入の流れ

環境省が開催した事業課題検討会で、二酸化炭素削減取引にブロックチェーン技術を導入しようという試みが明らかにな…

ERC20トークンを元にした仮想通貨の一部に重大なバグが発見される!

イーサリアム(ETH)のプラットフォーム上で使用されるERC20トークンですが、このERC20トークンを元に…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア