NEM流出の3日前から不正アクセス

コインチェックがNEM不正送金にあった事件で不正送金の数日前に欧米のサーバーから不正な接続があったことが、捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は海外の捜査当局などへの捜査協力依頼を始めていて、発信元の特定を進めるそうです。

この不正接続はコインチェックから警視庁が提供をうけた社内ネットワークへの通信記録の解析で判明しました。
この不正接続は事件三日前の1月23日ごろに始まり、24日まで続いていた。不正接続し、コインチェックのNEMの口座を操作するために必要な「暗号鍵」の情報を盗んだ疑いがあるとしました。

警視庁は、海外のサーバー運営会社などに発信元のIPアドレスや接続記録などの情報を照会していますが、過去の不正アクセス事件では発信元の特定を困難にするために複数の国のサーバーを経由させるということをするケースが多く、今回も別の国の可能性があるとしました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

脱毛ミュゼプラチナムを展開するRVH、ブロックチェーン事業に参入

脱毛ミュゼプラチナムを展開するRVHは、マイニング事業を行なっているマイナーガレージの株式51.25%を取得…

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満である

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満であるという報告があった。

Wechat運営の巨大企業テンセントがリップルに20億ドル出資か

Wechat運営の企業テンセントがリップル技術に20億ドルもの出資をすることがわかりました。

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア