韓国政府、認可制度の導入を検討

韓国政府は、ニューヨークのビットライセンス制度のような仮想通貨取引所の認可制度の導入を検討しているようです。

韓国政府は、仮想通貨に対する規制の一つとして取引所の認可制度の導入を前向きに検討していて、厳格に審査を行なっているニューヨークの制度をモデルとする可能性が高いそうです。

6月に韓国では選挙がありその前に最終決定される可能性は低いけれど一つの選択肢であるとしました。

ビットライセンスとは

ビットライセンスとは仮想通貨取引所を運営する上で必要なライセンスでニューヨーク州金融サービス局が提供しています。このライセンス運用開始は2015年8月で早くから導入が始まっています。日本にも同じようなライセンスがあり顧客の口座からコンピュータシステムまで色々な面で基準をクリアした取引所に金融庁が認可を与えるというものになっています。

ある研究によると、給与所得のある韓国人の3分の1の人は50万円以上を仮想通貨に交換していて、投資家の80%が仮想通貨から利益を得ているそうです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

試験的にビットコインの紙幣が販売開始しました(シンガポール)

シンガポール国内で、ビットコインの紙幣が試験販売開始されました。

イギリスの議会議員が、ビットコインによる納税を提案

イギリスのウォールソール北部選挙区の議会議員であるエディ・ヒューズ氏が、納税や公共料金等の支払いにビットコイ…

スイス金融当局がICOの規制ガイドラインを発表

スイスの金融市場監督局(FINMA)は2月16日にICOの規制に関するガイドラインを発表しました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア