※2018年2月15日現在のものです。

ネムコインの成り立ち

ネムコインのNEMというのは、NEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)という意味で、新しい経済圏を作ることを目的としたプロジェクトのことを意味します。
ネムコインの正式名称はXEM(ゼム)で、NEMのシステムに使われる仮想通貨です。
ネムのコインだからということで、ネムコインと呼ばれています。
当初開発陣の中に日本人がいたということも話題になりました。

ネムの価格推移・時価総額・供給量・取引量

ネムコインの価格推移

2015年7月 約0.02円

2016年7月 約0.5円

2017年4月 約3円

2017年5月 約20円

2017年12月 約110円

2018年1月上旬 約200円(一時、約240円を超える等、価格が高騰する。その後、緩やかに価格は下降し、100円を割り込む)

2018年1月26日 約90円(国内大手取引コインチェックから約580億円相当のネムコインがハッキングされる。コインチェックは取引の全てを停止。後日、ユーザーへの補償の方針が示されるが、価格は緩やかに下降してゆく)

2018年2月15日 約60円

ネムコインの特徴

ハーベスティング

ネムコインの最大の特徴と言えば、ハーベスティング(収穫)です。
ハーベスティングとは、NEM利用者は取引が正当ということを承認してもらうために手数料を支払って取引をします。
そして、取引を承認されて払われた手数料を受け取ることでハーベスティングが行われるのです。

つまり、ネムコインはハーベスティングにより獲得できます。
ネムコインを積極的に保有・取引をする人にハーベスティングにより平等に報酬の分配がなされます。
誰にでも報酬を得られるチャンスがあるのです。

承認に関しては、10000XEMを持っている方なら誰でも行えるため、ビットコインのマイニングのようにお金を持っている人が有利になる仕組みではありません。

POI(プルーフ・オブ・インポータンス)

ネムコインは、POI(プルーフ・オブ・インポータンス)というシステムを採用しており、ネムコインのネットワークに参加した人に平等に報酬が分配されることになっています。

ネムコインの発行数量

ネムコインのブロック生成時間は、約1分です。ネムコインの総発行量は、89億9999万9999枚であり、発行当初に1,600人の投資家に分けられ、新規発行はありません。しかし、PoIやハーベスティングがあるため使用されればされるほど多くの人に分配されやすくなります。

ネムコインの今後

ネムコインのブロック生成時間は、約1分と仮想通貨の中でもかなり早い方です。
しかも今後、アップデートにより、さらに早くなると言われています。
今後はアップデートが行われることにより、1秒あたり、約4,000件の取引ができるなると言われています。
送金処理の速さで有名なリップルが1秒あたり、約1,500件なので、今後アップデートが行われたら、ネムコインの価値は上がるのではないかと言われています。

コインチェックのハッキング騒動

1月26日午前2時57分頃
 コインチェックのNEMアドレスから5億2300万XEM(580億円相当)が不正アクセスで流出。

1月26日午前11時25分頃
 XEMの残高が減少していることをコインチェック会社内で察知。

1月26日午後12時7分頃
 XEMの入金一時停止について告知。

1月26日午後12時38分頃
 XEMの売買一時停止について告知。

1月26日午後12時52分頃
 NEMの出金一時停止について告知。

1月26日午後4時33分頃
 日本円を含め、全ての取扱通貨の出金一時停止について告知。

1月26日午後5時23分頃
 ビットコイン以外の売買の一時停止について告知。

1月26日午後6時50分頃
 クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止について告知。

1月26日午後11時30分頃
 記者会見の開始。

約580億円不正流出 コインチェック会見ノーカット(18/01/27) - YouTube

出典:YouTube

1月28日
 不正に送金されたXEMの保有者に対する補償方針の決定。

 総額:5億2300万XEM

 保有者数:約26万人

 補償方法:XEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金。

 算出方法:XEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会 社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出。
 算出期間は、コインチェックにおけるXEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、日本円にて返金。

 算出期間:売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)

 補償金額:88.549円×保有数

 補償時期等:補償時期や手続きの方法に関しては、現在検討中。なお、返金原資については自己資金より実施予定。

 なお、日本円の入金は通常通り可能だが、日本円の出金に関しては不可となっている。
 また、日本円以外の取扱仮想通貨に関しましては、現在入金が停止。

1月29日
 コインチェックは、発生した不正アクセスによる仮想通貨XEMの不正送 金に関連し、本日、金融庁から資金決済に関する法律第63条の16に基 づく業務改善命令を受けた。

1月30日
 コインチェックは、提供する各キャンペーンを一時停止することとなる。

 停止日時
 2018年1月30日 12:00頃より停止

 対象キャンペーン
 ・マーケットメイカー出来高ランキング
 ・二段階認証設定で30,000Satoshiプレゼントキャンペーン

 停止日時より前に発生したキャンペーン報酬については、通常通り付与 が行われる。また、再開時期は未定。

1月31日
 12月分以降の電気代に関する、ビットコイン決済、ビットコイン付与機能の停止。

2月3日
 日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めており、外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、ユーザーに日本円出金の再開時期を知らせると発表。

 なお、ユーザーががアカウントに保有している日本円については、金融機関の顧客専用口座に保全されており、また、お客様がアカウントに保 有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)についても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管していると併せて発表。

2月9日
 一時停止していた日本円出金機能について、安全性の確認を完了した 
為、日本円出金を再開することとなったと発表。
 出勤再開日は、2月13日から順次出金し、出金については日本円についてのみであり、仮想通貨の出金やXEMの補償にあっては未定。

2月13日
 日本円の出金処理を再開し、当社所定の手続を経まして、2月13日現 
在、同月11日午後3時までの出金申請分(約401億円)を振込が行われた。

 また、今回の不正アクセスによる仮想通貨XEMの不正送金に関連して金 融庁より受けていた、業務改善命令により、金融庁に業務改善に向けた報告書を提出。

 報告内容は、業務改善命令において指摘されていた、

 ・本事案の事実関係及び原因の究明

 ・顧客への適切な対応

 ・システム管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化

 ・実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定

 ・その他

 同日、午後8時からコインチェック本社前で大塚取締役による記者会見
が行われたが、XEMの補償時期やほかの仮想通貨の今後の入出金につい ては、具体的なことは明言されなかった。

【アベマTV速報】コインチェック社 緊急会見/13日に金融庁へ業務改善計画を提出|アベマTVで最新ニュースを視聴しよう! - YouTube

出典:YouTube

コインチェック騒動後のネム財団の声明(ツイッター)

ネム財団のロン・ウォン代表はツイッターで今回のコインチェックのハッキング被害について出来る限りの援助をすることを発表しています。
下記がネム財団のツイートです(日本語訳で少し不自然な部分がありますが…)。

●Multi-sigは、Coincheckチームが5億個のXEMが盗まれるのを防ぎました。
この損失はNEMとは関係ありませんが、Coincheckの強力なセキュリティ対策の欠如です。マルチsig、friendsを使用してください。

●NEM + Coincheckは、疑わしい財布の究極の所有者を追跡する目的で、ハッキングされたウォレット+関連アカウントを追跡し、フラグを立てます。
NEMは、盗難された財布を所持しており、スイッチに情報を送信することを指定した不審な財布を特定します。
すぐに。

●CoincheckのCOO大塚氏は、海外の人々にHackのライブアップデートを提供しています。
彼はFUDをより簡単にしようとしています。

●ブロックチェーンを使用して新しい人物を暗号化するには、リアルタイムですべてのトランザクションを監視し、資金の場所を追跡することができます。
アカウントに関連付けられている名前はわかりませんが、そのような取引を見ることができます。
これは、盗まれた資金を追跡して追跡する方法です(画像の盗難が確認されていない)。

Coincheck COO大津氏によると、Coincheckは技術者が正しい安全対策を適用できないと述べている(マルチシグと同じ)。

●誰もが今リアルタイムで歴史を見ている。
これは銀行や取引所の歴史の中で最大のハッキングだと思いますか?
残念で苦しいですが、あなたはそれを目撃しました。
NEMは、ハッキングされた資金がどこにあるかを見ることができます。

●CoincheckからのXEMの盗難は、ほぼすべてのXEM

●Coincheckによる記者会見は終了しました。より多くの情報が利用可能になると、更新が続行されます。

●NEMは、24時間から48時間で自動タグシステムを作成しました。
この自動システムは、お金を追跡し、汚れたお金を受け取る口座にタグを付けます。
NEMは、アカウントにタグが付いているかどうかを確認する方法を既に交換しています。

●良いことは、あなたが取引所でハッキングしたままにすることができないということです。
この情報を共有してください。
歴史上の最大のハッキングは数時間でNEMによって解決されました。
これはNEMプラットフォームとNEMチームの力です。

●これはすべての取引所にとって大きな授業です。
取引所は、どのコインを持ち運び、サポートするかを選択します。
すべての取引所は、coincheckjpを支援するためにNEMが何をしているのかを見なければなりません。
これは、暗号業界の将来に対するリーダーシップ+イノベーション+セキュリティの一例です。

●Coincheckのハックは、暗号業界に大量破壊をもたらす可能性があります。
しかし、NEMは当初から透明であり、コミュニティ+ Coincheckクライアントと協力してFUDを促進しました。
これはどのように機能しますか?
常に透明です。
ハッカーは勝つことはできません。
私達はします。

●thejabo 38とのインタビューNEM財団のNEM副会長がまもなく登場する予定です。NEMコミュニティに注意してください。

●私はすぐにインタビューをアップロードしますが、私は以下を共有したいと思います
1)NEMはフォークしません。
2)XEM(およびコイン)はブロックチェーン上で追跡されます。
ハッキングされたファンドの所在を確認し、アカウントにフラグを立てることができます。
私たちができないことは、資金を変更/無効にすることです。

●沈黙が悪いとは思わないでください。
そうではありません。
私はNEMのために働き、ビデオを作ります。
私はあなたのために今作っています。時間がかかる。
すぐに答えが出てくるだろう。
どうもありがとうございました。

●はい、私はまだビデオをエクスポートするのを待っています...

●日本の友達。
これが起こったことは残念です。
NEMはあなたの支持を感謝します。
私はあなたの多くから聞いた、私はすべてのつぶやき、悲しい音符、不安定な声を読んでいます。
私たちはあなたを助けるために全力を尽くしています。
私たちが試みるように信仰を保つ。

今後、流出したユーザーの方々に良い方向に事態が進展することを祈ります。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは

ビットコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴をまとめて解説

国際送金市場において、個人決済向けに特化した性質を持つStella(ステラ)について簡単に説明します。

リスク(Lisk/LSK)とは

リスクの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア