カナダ証券取引所でSTO予定

カナダ証券取引所(CSE)は13日に、カナダの資本市場に再び革新をもたらすとしてイーサリアムをベースとした証券取引プラットフォームを立ち上げる予定だとしました。

このプラットフォームを通し、セキュリティトークンオファーリング(Security Token Offering/STO)を行い、資金調達をすることができるようになります。発行された企業のトークンは証券取引委員会による監督の対象になるといいます。

さらにCSEでは早速STOを行う企業を紹介しました。カブニ・テクノロジーズ社が一番最初にSTOを行う企業であるとした覚書(MOU)をかわしました。

カブニ・テクノロジーズ社は3Dプリンタで製造された製品を追跡することができるブロックチェーン技術のプラットフォームを開発しています。

カブニ社がブリティッシュ・コロンビア州証券取引委員会(BSCE)から承認されれば、同社のSTOが「公的な証券取引所に上場される初めての仮想通貨からなる有価証券」になるといいます。

ICOにとても似ていますが、基準を明確にすることで詐欺的な資金調達ではなくなり安心して取引できるようになっていきます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

中国マイニング機器メーカー大手カナンがアメリカでIPOを計画

中国マイニング機器メーカー大手のカナンが、アメリカでのIPO(新規株式公開)を目指していると報じられました。…

イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」がRippleNetに参入を表明

イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」が、Ripple社が提供する国際送金ネットワークシステムであるRi…

イギリスのビットコイン・ベイビーに42万円の寄付が集まる

イギリスにおいて、生後間もなくの赤ん坊の養育費をイギリスのタイムズの新聞広告(2019年1月12日付)にビッ…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア