※2018年2月16日時点のものです

リップルの成り立ち

リップルの歴史は、ビットコインよりも古く、2004年にカナダ人のライアン・ファガーがRipplepayを考案したことから始まりました。
その後2005年にRipplePay.comのサービスがスタートしました。

その後、2012年にリップル社の前身となる会社が設立されます。
ビットコインと異なる部分として、ビットコインは開発者はいるものの運営団体は存在しませんが、 リップル社がリップルを開発し、運営をしているということが挙げられます。

また、リップルは運営団体が存在するものの、ビットコイン同様の非中央集権型をとっているところが特徴です(しかし、リップル社は非中央集権型をとっていると明言しているものの、リップル社に権力が偏った、中央集権型ではないかと言われています)。

リップルの価格推移・時価総額・供給量・取引量

価格推移

2014年1月  約2.5円
2015年1月  約2円
2016年1月  約0.7円
2017年1月  約0.7円
2017年4月  約4円
2017年5月  約25円
2017年12月  約250円
2018年1月  約150円(一時、約350円まで価格が高騰する。その後、緩やかに価格は下降し、100円を割り込む)

2018年2月16日現在 約120円

時価総額

2018年2月16日現在 4,674,731,850,673円

供給量

2018年2月16日現在 39,009,215,838枚

24時間の取引量

2016年2月16日現在 101,664,720,155枚

リップルの特徴

リップルという仮想通貨自体はなく、世間一般で言われているリップルを意味する仮想通貨は、リップルのシステム内にあるXRPという仮想通貨のことを指します。

他の通貨と自由に交換できる両替機能(ブリッジ機能)があり、市場価格はドル、ユーロ、円、ビットコインなどに対して変動します。

ネットワークの流動性とより良いFXレートをもらたすことを目標としており、投資材料としても期待され、IOUを使った取引も可能です。

なお、最小単位は1dropと呼ばれ、0.000001XRPです。

総発行量は、100,000,000,000枚です。

ブリッジ通貨

ビットコインは「決済通貨」ですが、リップルは「ブリッジ通貨」という性格があります。
ビットコインはその通貨の価値をもって物と交換することができますが、リップルは、送金時に発生する送金手数料の代わりとして利用することが可能です。

リップルの将来性

リップルを広めていこうという動きは、既に全世界で拡散されています。

特に、国の銀行等といった金融機関をバックにしている部分は他の仮想通貨と比較しても圧倒的な強みです。

今後の仮想通貨市場でも重要なポジションとして成長していくことが予想されます。

世界各国でも100を超える金融機関がリップル及びXRPを導入していることからも、フィンテックシステムの将来性の高さがうかがい知れます。

リップルの発行方法

リップル(Ripple)は約2.5秒で1度ブロックを生成されます。

PoC(プルーフオブコンセンサス)という形式をとっており、
ネットワーク内に存在する「承認者」の合意を経て取引を完了し、
ブロックを生成します 。

Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)

Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)とは、直訳すると「合意による証明」という意味です。。
リップル内のネットワークで繋がっているP2Pにより、取引を合意して信頼できるものとする仕組みです。

すなわち、ネットワーク内全ての人が信用されるデータを分散して持つことにより、送金ができるシステムなのです。

なお、リップルを使うと銀行からの支払いが4秒で完結します。

Twitter

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴をまとめて解説

国際送金市場において、個人決済向けに特化した性質を持つStella(ステラ)について簡単に説明します。

ネム(NEM/XEM)とは

コインチェックで話題になった、ネムコインの歴史と特徴をまとめました。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア