※2018年2月19日時点のものです

モナコインの成り立ち

一番有名な仮想通貨といえばビットコインですが、世の中にはビットコイン以外にも数多くの仮想通貨が存在しています。

ビットコインの他に代表的なものとしてよく挙げられるのがイーサリアムやリップル等の仮想通貨ですが、これらはいずれも海外産の仮想通貨です。

モナコインは、日本の超巨大掲示板「2ちゃんねる」のソフトウェア板で2014年1月にMr.Watanabeという名の2chねらーがリリースした、日本初の仮想通貨です。
2chねらーをはじめとしたオタク達に絶大な人気があります。

2ちゃんねるで古くから愛されているアスキーアート(文字や記号を組み合わせて作った画像)のキャラクターであるモナーがマスコットキャラクターとなり、人気を博しています。

開発者はMr.Watanabeですが、モナコインを管理している人は存在しません。

また、モナコインのベースになったのはライトコインという仮想通貨です。

国産の仮想通貨ということもあり、比較的多くの国内取引所で売買されています。

2ちゃんねるを中心とした日本のインターネットである程度使われている、「実需のある仮想通貨」であり、今後も十分な値上がりが期待できる仮想通貨の1つです。

モナコインの価格推移・時価総額・供給量・取引量

価格推移

2014年5月     約3円
2017年1月     約3円
2017年9月     約50円
2017年10月     約300円
2017年12月     約2,000円(一時的に価格が急上昇し、その後緩やかに下降してゆく)
2018年1月     約900円
2018年2月19日現在 約650円

モナコインの特徴

決済スピードが速い

モナコインならではの特長の一つとして、決済スピードが早いことが挙げられます。

ビットコインの現時点での決済スピードは、約10分です。
モナコインのベースとなったライトコインの決済スピードは、約2.5分です。

一方、モナコインの決済スピードは約1.5分である為、数ある仮想通貨の中でも比較的決済スピードが速いと部類に位置します。

使えるお店は意外と多い

●ビットコインモール

ビットコインモールは、ビットコインとモナコインによる支払い以外を受け付けていない、ショッピングサイトです。
取扱商品はAV機器やカメラ、情報家電、パソコンなどの電化製品が中心ですが、キッチングッズや生活雑貨、おもちゃ、カー用品などもあります。

●arc
acrは秋葉原にあるパソコンショップです。
パソコン本体、パーツ、周年機器、ソフトウェアなどを販売しています。秋葉原にある実店舗だけでなく、オンラインショップでもモナコインが使えます。

●コインギフト
コインギフトは、ビットコイン及びモナコインでAmazonギフト券とiTunesが購入できるギフト券の販売サイトです。
ビットコインやモナコインを直接Amazonで使うことは出来ませんが、コインギフトでAmazonギフト券を購入すれば間接的にビットコインやモナコインで買い物ができるようになります。

投げ銭をする

モナコインは仮想通貨としては珍しく「投げ銭」に使うことが出来ます。投げ銭とは、オンラインで支払えるチップのみたいなものです。
簡単にいうと「仮想通貨を好きな人に渡せる」のです。

他の通貨も何種類かは投げ銭ができるのですが、一番活発に投げ合っているのはモナコインです。

オンラインで知らない人とお金の遣り取りをするのは心理的な抵抗があるという人でも、モナコインを使えば気軽に、匿名性を保ったままお金を送ることが出来ます。

モナーとは?

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

モナーは、タレ目の猫型のアスキーアートです。

匿名電子掲示板で誕生後、2ちゃんねるで爆発的に広まったキャラクターとされています。
誕生してから20年近く経った今も、未だに根強い人気があります。
匿名掲示板の中で発生したキャラクターであるため細かいキャラクター付けがなされているわけではありませんが、以下のような設定で扱われることが多いです。

体型は小太りで、やや大柄。
口癖は「オマエモナー(お前もな)」。
語尾に「モナ」をつけて喋る。
温厚な性格。
猫型であるが必ずしも猫であるというわけではないらしく、基本的に二足歩行で歩く。

モナコインはビットコインと同じく、Proof of Work(POW)というシステムで新規発行されています。

コミュニティが強い

モナコインの最大の特徴は、コミュニティの強さです。

モナコインはモナコインの有志が日々コミュニティを盛り上げるために頑張っています。

数百万円をかけて秋葉原の街頭モニターにモナコインのCMを流したり…

山奥に土地を買ってモナコインの神社を建てたり…

スケールやネタ度の高いことを平然とやってのけるところが、モナコインがネタコインと呼ばれる所以なのです。

SegWitが実装されている

2017年4月27日にされ、モナコインはSegWitが実装された世界初のコインです。

Twitter

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

エイダ(Cardano/ADA)とは

エイダの歴史や特徴についてまとめてみました。

リップル(Ripple/XRP)とは

リップルの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア