コインチェック流出NEMの90億円分が他の仮想通貨に交換された可能性

コインチェックから流出した約580億円分の仮想通貨NEMの約90億円分がダークウェブを通じて他の仮想通貨に交換された疑いがあるとこがわかりました。流出したNEMはすでに400のwalletに分散されたり、行方がわからなくなっています。

2月7日にはダークウェブ内で、流出したNEMと別の仮想通貨の交換を呼びかける闇サイトができ、情報セキュリティー会社「エルプラス」の杉浦隆幸社長の分析によると、流出関係者が開設し、既に約90億円分が他のwalletに送られ、ビットコインに交換された疑いがあるといいます。

ダークウェブは身元を隠せるTor(トーア)というソフトを使わないと接続できない闇サイトの総称で、警察幹部によると通信記録のみから運営者の身元を割り出すことは難しいそうです。

流出に関与した人物について、情報セキュリティーの専門家らは行き当たりばったりの行動が多いとして、個人か少人数のグループと見ています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨取引所コインチェック新規口座開設再開

2018年10月30日から、過去に約580億円相当のXEMをハッキング被害によって流出した、国内の人気仮想通…

スイスとリヒテンシュタインにおいて仮想通貨・ブロックチェーン関連の企業が約20%増加

2019年1月24日、弱気な仮想通貨市場が続いていますが、スイスやリヒテンシュタインで仮想通貨・ブロックチェ…

取引所ビッサム、年内に実店舗8000店で仮想通貨決済の導入

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサムが、2018年内に実店舗での仮想通貨の取り扱いを発表しました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア