※2018年2月20日時点のものです

ビットコインキャッシュの成り立ち

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)の抱えるスケーラビリティ問題(容量の不足)を解決する為、2017年8月1日にハードフォークして誕生した仮想通貨です。

何故ビットコインにこのような問題が発生したかというと、ビットコインは、取引のデータをブロックに格納し、そのブロックのデータがマイナーと呼ばれる人々によって承認されることにより取引が成立します。
ビットコインのブロックの大きさは1MBと決まっており、またブロックは10分ごとに生成されるようになっています。

しかし、近年急速に取引データが増加したため、ブロックの生成が間に合わず、取引が承認されない、また手数料が高騰するというスケーラビリティ問題が発生していました。

このスケーラビリティ問題を解決するために、ビットコインのアップデートである提案書が提示されました。

提案されたアップデートの内容は、

・取引データを圧縮して収納する
・その後、ブロック自体のサイズを拡張する

という二つのアップデートであり、「segwit2x」と呼ばれています(取引データを圧縮して収納する処理は、電子署名を保管する場所を分けるためsegwit(segregated witness=署名の分離)と呼ばれ、そして収納するブロックのサイズを2倍にするためx2、よってsegwit2xと呼ばれました)。

segwitはスケーラビリティ問題を解決する手段として、ビットコインの開発をしているビットコインコア派というコミュティを中心に支持されていました。ところが、この提案に反対する勢力がいました。それが、ビットコインアンリミッティドと呼ばれる、ビットコインのマイニングを行っているマイナー団体です。

何故反対するのかというと、ビットコインの大掛かりなマイニングを行っているマイナー達は、マイニングのためにASICBOOSTという特殊な回路を使い1000億円以上を稼いでいたわけですが、segwitがアップデートされると、このASICBOOSTが使えなくなり、これまでマイニングの為の設備投資が無駄になってしまうことから反対をしたのです。

こうして、マイナー達は、2017年7月18日にビットコインのハードフォークを宣言しました。

segwitのアップデートではなく、ブロックサイズを8MBに拡張することでスケーラビリティ問題を解決する、ビットコインキャッシュが誕生したのです。

現在では、ビットコインの処理速度の遅さや取引手数料の増加が深刻化すると著名人等がビットコインからビットコインキャシュへの乗り換えを宣言する等、人気や価格が急上昇しました。

ビットコインの抱えるスケーラビリティ問題及びハードフォークについて

ビットコインキャッシュの価格推移・時価総額・供給量・取引量

価格推移

2017年8月1日
約 33,000円

2017年8月下旬
約 105,000 円

2017年10月
約 35,000円

2017年11月下旬
約 200,000円

2017年12月上旬
約 150,000円

2017年12月21日
約 460,000円

2018年2月20日現在
約 165,000円

2017年12月27日
約 342,500円

ビットコインとの相違点

1ブロックの容量

基本的にはビットコインと似た構造をしておりますが、ビットコインの1ブロックの容量が1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは1ブロックの容量が8MBになっている等の特徴を備えています。

決済手段として使われない

実際に決済手段として使われるのがビットコイン、まだ(少なくとも日本では)使われていないのがビットコインキャッシュです。

ビットコインは、既にビックカメラ等の家電量販店や旅行会社H.I.S.等でもビットコインでの支払いができるようになりました。

海外ではす既に買い物での決算手段としてビットコインは使われており、徐々に広まりつつあります。

それに対し、現時点では日常的な使われ方をされていません。

ビットコインキャッシュの発行方法

ビットコインキャッシュの発行上限枚数は、21,000,000枚であり、マイニング方式はビットコインと同じくPOW(プルーフオブワーク)が用いられています。

Twitter

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アイオタ(IOTA/IOT)とは

アイオタ(IOTA/IOT)の歴史や特徴についてまとめてみました。

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは

ライトコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

モナコイン(MonaCoin/MONA)

モナコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア