コインチェック資本提携検討

約580億円分のNEMが流出したコインチェックが資本提携を検討していることがわかりました。他社からの役員派遣の受け入れや傘下入りなど含め検討しているとみられます。

コインチェックへの出資は商社や金融機関などが候補に挙がっていて事業や財務基盤の強化に加えて、役員派遣などで、経営態勢を立て直す狙いがあるとみられています。

13日にコインチェック本社で行われた会見では報道陣への取材に対し、他社との資本提携に関して、「検討中のものもあるので、答えることはできない」と話しました。

コインチェックは、金融庁からの業務改善命令を受けて補償などを含めた顧客への対応や、安全管理体制の強化などについて、業務改善計画を13日に提出しました。

金融庁はコインチェック側の説明に明確でない点が多いことや世間の関心が高いことから13日の期限前に立ち入り検査に踏み切りました。

現在みなし業者であるコインチェックが登録業者になることは容易ではありません。

コインチェックは他者との資本提携により顧客からの信頼回復や登録業者に認めてもらおうとしています。

金融庁にとっても、コインチェックの経営態勢の立て直しは急務と判断していて、資本提携については前向きに進めていくよう後押しをするようです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

元仮想通貨取引所マウントゴックスのカルプレス被告が改めて無罪を主張する〜結審は201…

2018年12月27日、元仮想通貨取引所マウントゴックス元社長のマルク・カルプレス被告が、同被告の裁判(業務…

日本のフィンテック協会とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わす

Money 20/20 Asiaにおいて、日本とシンガポールのフィンテック協会が覚書を交わしました。

冷え込みが続く仮想通貨市場。株式市場も2016年1月以来の厳冬状態?

株式市場も仮想通貨市場に負けず劣らず厳冬状態!市場下落の要因とは?

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア