※2018年2月21日時点のものです

リスクの成り立ち

リスク(LSK)は、2016年の初めにOlivier BeddowsとMax KordekによってCrypti(クリプティ)という通貨からハードフォークされたアルトコインです。

その後、ICOによって580万ドルを調達、2016年5月24日に取引が可能となりました。

リスクの価格推移・時価総額・供給量・取引量

価格推移

2016年5月   約50円
2017年1月   約15円
2017年6月   約350円
2017年12月  約3,000円
2018年2月21日 約2,800円 

リスクの特徴

開発言語にJavascriptを採用している

リスクの特徴として、開発言語にJavascriptを採用しているという点が挙げられます。

ジャバスクリプトは世界的に有名で普遍的なプログラミング言語と言われています。

ジャバスクリプトは、ホームぺージを作るウェブデザイナーやプログラマーにもおなじみなプログラミング言語であるため、リスク上で開発者がアプリを開発しやすいというメリットがあります。

サイドチェーンを主に使用

リスクの特徴として挙げられるのが、スマートコントラクトの機能がメインチェーンに付随するサイドチェーンに書き込まれる点です。

リスクは、ブロックチェーンの他にサイドチェーンによって構成されています。
ブロックチェーンにはサイドチェーンのリンクが貼ってあり、それぞれのプラットフォーム上にサイドチェーンが構成される、というイメージです。

そして、メインチェーンにはサイドチェーンへのリンクが記述され、それぞれのサイドチェーン上でアプリケーションが稼働しています。

こうすることで、万が一ハッキングを受けたとしても、サイドチェーンが存在することで 開発者側がコントロールすることが出来ます。

つまり、ブロックチェーンは、改ざんが出来ない代わりに、書き換えることもできませんが、カスタマイズが自在なサイドチェーンがあることで、ハッキング等にも対応することが出来るということです。

さらに、重大なバグが発見された際にもサイドチェーンで柔軟に対応することができ、処理能力の向上というメリットもあります。

イーサリアムは、ハッキングにより、ブロックチェーンを分岐するハードフォークを起こしたという過去があります。

また、ビットコインも、ビットコインとビットコインキャッシュにハードフォークしています。

ブロックチェーンは事実上改ざん不可能といわれていますが、このようにハッキングにあった場合は、それを書き換えて修正することが出来ず、ブロックチェーンを分岐するハードフォークが行われる場合があります。

しかし、サイドチェーンを持つ、リスクであれば、これらの改ざんがあったサイドチェーンのみを切り離すなど、柔軟に対応することが出来ます。

分散型アプリケーション

リスクは分散型アプリケーションという形式をとっています。

分散型アプリケーションとは、独自のルールでプログラムを決めて、仮想通貨をやりとりできる機能を持つアプリケーションでDApps(Decentralized Applicationsの略)と呼ばれます。

中央集権型とは違い、分散型アプリケーションプラットホームには、管理者はおらず、それぞれが決められたルールに基づき、開発、利用を行います。
分散型アプリケーションが展開されることで、リスク上ではそれぞれが自由にアプリケーションを開発し、また利用することが出来ます。

システムの利用も個人間となるわけですが、アプリケーションの利用に改ざんや不正ができない仮想通貨の技術を用いることで、管理者がいなくてもお互いの約束が担保されるのです。

リスクの将来性

リスクは、ジャバスクリプトによる拡張性や、サイドチェーンによる決済やセキュリティという特徴を持っており、アプリケーションプラットフォームとして非常に大きな可能性を持っています。

開発環境の参入しやすさから、すでに多くのプログラマーが開発に参加しています。

マイクロソフト社と提携

リスクは、マイクロソフト社とのパートナーシップを結んでいます。

コンピューター企業と手を組むことでブロックチェーンやスマートコントラクト(自動契約)といったシステムも将来性があります。

また、時価総額第2位のイーサリアムもマイクロソフトがサポートしています。

DPoS(デジタル・プールーフ・オブ・ステーツ)

リスクは、DPos(デジタル・プールーフ・オブ・ステーツ)を使用しています。

これは、ビットコインやイーサリアムで使われているプルーフオブワークと違い、リップル(XRP)等によって使われている プルーフオブシェイクを進化させたのがDPosです。

プルーフオブワークとDPosの違いは、取引データの計算を早い人がコインをもらえるのがプルーフオブワークであり、決められたコインの枚数があると、票を投じることが出来るのがDPoSです。

リスクの発行方法

リスクにおけるビットコインのマイニングは、Forging(鋳造)と呼ばれます。

マイニングでは、取引の承認をおこなうと報酬が貰えますが、その点に関してはフォージングも同様です。

マイニングと違う点は、リスクはDPoSというシステムを使用しており、コインを持っている割合などで承認をする権限が与えられるようです。

コインを持っている人によって投票が行われ、それによって承認者を決めるという仕組みになっています。

また、リスクには通貨の発行上限がありません。

これはある意味、リスクにとってデメリットとなる虞があります。

ビットコインは、発行に上限数が設けられていることで、通貨としての価値が守られていますが、リスクに発行上限がないということは、それだけ通貨としての価値が下がる可能性があるということです。
際限なく増えるということは、価値を維持することは難しい可能性があります。

Twitter

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴をまとめて解説

国際送金市場において、個人決済向けに特化した性質を持つStella(ステラ)について簡単に説明します。

Zaifトークンについて

zaifトークンについて、まとめてみました。

Dogecoin (DOGE/ドージコイン)の特徴をまとめて解説

Dogecoin (DOGE/ドージコイン)の特徴をまとめて解説します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア