※2018年2月22日時点のものです

エイダの成り立ち

エイダ(ADA)は、2015年10月から運用が始まりました。

エイダが注目されている理由は、チャールズ・ホスキンソン氏が関与しているという事実が影響しています。

イーサリアムやビットシェアーズ(Bitshares)の開発をした、天才数学者とも言われている人物です。

元々Cardano(カルダノ)というオンラインカジノやオンラインゲームを扱うプラットフォームが存在し、その中で使われる通貨がエイダでした。

暗号化を行うことで安全性を保証し、早くかつ直接送付できるように作られています。
カルダノは、階層構造を持たせていることで、ソフトフォークでのメンテナンスやアップグレードを可能にしており、高い柔軟性を持っています。

世界中の至るところで使用している金融アプリケーションを運営することができるプラットフォームです。

日本での知名度はあまり高くはありませんが、現在、時価総額6位につけています。

ちなみにエイダの名前の由来は、19世紀に世界で初めてコンピュータープログラムを記述した天才貴族女性「エイダ・ラブレス」です。

エイダの価格推移・時価総額・供給量・取引量

価格推移

2015年9月   約3円
2017年11月   約15円
2017年12月   約75円
2018年1月上旬 約150円
2018年1月   約60円
2018年2月22日 約40円

エイダの特徴

新しいプルーフ・オブ・ステーク

カルダノはウロボロスと呼ばれるプルーフオブステークを使用しています。

これまで他の暗号通貨が幾度となくプルーフ・オブ・ステークの開発に取り組みましたが、これらにはセキュリティの低さといった問題がありました。

ウロボロスは、ブロック生成を行うホルダーをランダム化することにより、高セキュリティのプルーフ・オブ・ステークを実現しました。

エイダを使うには特別なウォレットが必要

エイダを使用するには、ダイダロスの特別なウォレットをダウンロードする必要があります。

ダイダロスは、エイダ専用のセキュリティが高いウォレットです。

スマートコントラクト「Plutus」

カルダノはレイヤーによって構築されているため、柔軟な使い方が可能です。

大きな特徴は、イーサリアムと同様スマートコントラクトです。

カルダノのスマートコントラクト「Plutus」は、より複雑で高度な契約内容も瞬時に記録することができると言われています。

エイダコインはどう使うのか

エイダは、基本的には、オンラインゲーム内の通貨ですので、2016年後半にスタートするオンラインゲームプラットフォーム「カルダノ」で、ゲーム賭金やゲーム利用料として使用します。

オンラインゲーム専用通貨なので、カルダノのユーザーにとっては、便利なものとなります。

まず、カルダノの賭金として決済が出来るので、手持ちのお金がなくてもゲームで勝ち続ければ、そのゲームの賭金で、半永久的に無料で遊び続けられます。

オンラインゲーム専用通貨で遊べれば、普通のお金を使って遊ぶよりも、手数料が安くなる、手間がかからない等のメリットが生まれます。

また、エイダのレートが上昇していれば、エイダとビットコイン又は円と交換すれば、為替差益を得ることが出来るなど、投機の対象となります。

不正がないフェアなオンラインゲーム「カルダノ」

世界中のオンラインカジノゲームは、運営側が最終的には勝つように不正にプログラミングされているものが多いのが現状です。

例えば、日本のパチンコやスロット等も全体で見ると運営側が儲かる、つまりユーザーが負けるように設定されています。

そのようなゲームにおいて、ユーザー側は元々不利な勝負を承知で、ゲームに参加するしかありません。

カジノやゲームに参加するのであれば、不正がないフェアでフェアなゲームに参加したいのが当たり前だと思います。

それを実現できるのがカルダノです。

不正ができないブロックチェーン技術を活用して安心で公平なゲームを楽しむことが可能となっています。

個人情報の登録が必要ない

従来のオンラインカジノでは、アカウントを作成する必要があるので、個人情報を入力しなければなりません。

個人情報が洩れたりする等のリスクも負うことになってしまいます。

しかし、カルダノではエイダさえ持っていれば、個人情報の入力は必要がないので、個人情報漏えいのリスクを負うことはありません。

また、カルダノの利用手数料や、従来かかっていた多額の海外送金の振込手数料等もほとんどかからないので、通常のオンラインカジノよりも気軽に参加することが可能です。

ただ、エイダのアドレス管理等は自己責任になるので、個人情報の登録がない代わりに、自分でエイダのアドレスの管理をしないといけません。

エイダの将来性

カルダノは日本のATMでエイダを使うことが出来ること・デビットカードでの利用を目指しています。

カルダノも変動相場制を採用しているので、為替の動きによっては、エイダの通貨価値が暴落して、大損をする可能性があります。

何故なら、エイダは、オンラインゲームであるカルダノ内でしか使えないため、エイダの通貨価値が上昇するかどうかは、カルダノが成功するかどうかにかかっているのです。

エイダのデメリット

エイダのデメリットは、オンラインゲームプラットフォーム「カルダノ」内でしか使えないので、他のデジタル通貨と比較して利用範囲が極端に狭いです。

オンラインゲームを利用しない者にとっては、エイダコインで財やサービスの決済ができないので、取得しても無用の長物になる可能性もあります。

エイダは詐欺コイン?

SNS等で「エイダは詐欺だ!」等という文言が散見されます。

それでは、何故エイダは詐欺コイン等と言われるのでしょうか・・

一説によると、「必ず儲かる!」という謳い文句があり、詐欺コインを開発した有名な人(名前は伏せますが、有名な情報商材売りマンです)がエイダをススメていたので、そのせいで日本ユーザーからは「エイダは詐欺コイン」と認知されてしまった・・とか

上場をすると噂された後、延期が多々あり、ユーザーからの信頼が薄れたことも原因の一つとされた・・とか

ネット上では、いろいろな憶測が飛んでいますが、結局のところ情報が多すぎて、詐欺なのか、どうなのかは、分からないのが現状です。

Twitter

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

モナコイン(MonaCoin/MONA)

モナコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは

イーサリアムクラシックの歴史や特徴についてまとめてみました。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とは

ビットコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア