※2018年2月26日現在

zaif(ザイフ)トークンとは

国内初のトークンであるザイフトークン

ザイフトークンとは、日本の仮想通貨取引所であるザイフを運営しているテックビューロ株式会社が発行しているトークンの1つです。

ザイフトークンは、仮想通貨取引所ザイフを運営するテックビューロ株式会社が独自に発行するトークンです。

ザイフのチャット上では、ザイフトークンを略して、ザフトと呼ばれることもあります。

ザイフでは全部で9種類のトークンを扱っています。

また、仮想通貨取引所のザイフでは、ザイフ以外にもさまざまなトークンを扱っていて、トークンの銘柄数は国内最多の取引所となっています。

話題のトークンも多いので、トークンの取引にも興味がある方は、ザイフの口座を開設すれば取引が可能となります。

ザイフトークンは、ザイフ内でのみ売買が可能で、今のところ使い道はほとんどなく、将来的に何かしらの価値を持つかもしれない、というような可能性を発行元のザイフが持たせています。

実際に、COMSA(コムサ)の支払いをザイフで出来るなど、徐々に使い道が出てきてます(コムサについては、後に簡記します)。

ザイフトークンの発行は、当初はカウンターパーティー(Counterparty)プロトコル上で行われていましたが、現在はNEMプロトコルに移行しました。

国内の仮想通貨取引所が独自のトークンを発行することは前例がなく、ザイフトークンが初の試みとなりました。

ZAIFトークンは今後使い道が出てくる可能性がある

ザイフトークンは2018年2月時点で使い道がほとんどありません。

価格が乱高下を繰り返し、取引量も増えています。

ザイフとしても、今後ザイフトークンに付加価値を持たせてくる可能性は十分にあると思います。

ザイフは、国内の他の取引所に対して、トークンを充実させる等の差別化を図っています。

ザイフの差別化を更に図るとしたら、トークンの売買を活発化させる必要があるので、今後何かしらの付加価値を持たせてくることが考えられます。

ザイフが力を入れている、コムサのICO案件の支払いでザイフトークンを使えるだけでも十分な価値がありますし、新しい用途が追加される度に価値が上昇する可能性があります。

ZAIFトークンのロックアップ計画

ザイフトークンの発行をしているテックビューロが、ザイフトークンをロックアップをする計画があります。

ロックアップとは、企業が新規の株式公開前に、株式発行から一定期間はその株式を売らない約束をすることです。

ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)。
ロックアップ期間:2018年12月末日まで。

なお、ロックアップはテックビューロ保有分のザイフトークンに対して実施されるものであり、既にトークンを保有する一般ユーザーの利用には一切影響はありません。

つまり、「テックビューロが持っているザイフトークンの25%は2018年12月まで売らない」と約束することになるので、ザイフトークンの流通量が減少し、価値が上がりやすくなるのです。

何故、テックビューロがザイフの価値を上げたいのかというと、仮に25億ザイフをテックビューロが持っていて、それを1ザイフ=0.5円の時に売却するのと1ザイフ=10円の時に売却するのとでは手元に入る資金が大きく違うからです。

こんな推測から、ザイフトークンの将来性に期待していて、購入しているユーザーも増えているようです。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨とトークンの違いは、以前にまとめた「仮想通貨とトークンの違いとは?プラットホームとは?」(↓↓↓)で簡記しましたが、

通貨として扱い仮想通貨という括りになるか、株のようなものとして扱いトークンという括りになるか以外にも、オリジナルのブロックチェーンを持ってるものが仮想通貨となり、オリジナルのブロックチェーンを持っていないものがトークンとなります。

COMSA(コムサ)トークンについて

コムサとはテックビューロが発表した、ブロックチェーン技術を活用した日本発のICOプラットフォームであり、COMPUTERのCOMと漢字の「鎖」(さ)を組み合わせた造語です。

コムサトークンとは、国内初のICOプラットフォームであるコムサで利用することができるトークンです。

また、2017年10月2日から11月6日に開催されたコムサプロジェクトでは、約109億円を調達したことでも話題となっています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

Dogecoin (DOGE/ドージコイン)の特徴をまとめて解説

Dogecoin (DOGE/ドージコイン)の特徴をまとめて解説します。

仮想通貨Stellar(ステラ)の特徴をまとめて解説

国際送金市場において、個人決済向けに特化した性質を持つStella(ステラ)について簡単に説明します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア