Blockchainサービス「Bitwala」がCrypto-First銀行を開始

ドイツのBlockchainベースの決済サービスプロバイダーであるBitwalaは、口座、国際銀行口座番号(IBAN)、SWIFTコード、MasterCardデビットカードなどドイツの顧客向けに新しい「crypto-first」バンキングサービスを開始すると発表しました。

現在、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)がプロジェクトを承認するための申請段階に入っています。

このサービスでは、ドイツの預金保険がお客様の資金を100,000ユーロまで保護することを強調し、安心して使えることができるそうです。

「ブロックチェーンバンキング」サービスは、Bitcoinや他の仮想通貨で取引や支払いを行うことができます。

銀行口座の統合により、通常の銀行振込とクレジットカードの使用も可能になります。

これは、仮想通貨のためのデビットカードを提供するBitwalaの第2の試みで、仮想通貨カードのほとんどのプロバイダは、主要なクレジットカード会社によって何らかの制限を受け、事業を閉鎖せざるを得ないことが多くありました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

コインチェック流出NEM90億円分交換か

コインチェックで流出したNEM約90億円相当が交換された恐れがあることがわかりました。

麻生財務大臣が仮想通貨の税金を「申告分離課税」にするべきではないかという質問に対し、…

麻生財務大臣が仮想通貨の税金を「申告分離課税」にするべきではないかという質問に対し、見解を述べました。

韓国財務大臣キム・ドンヨン「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言

中国を訪問中の韓国財務大臣キム・ドンヨンは「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言しました。

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア