米国証券取引委員会 (SEC)がICOの調査

米国証券取引委員会(SEC)は、 ICOの調査を開始しました。関係者によると、規制当局は多くの仮想通貨関係者や企業に召喚状をおくっているそうです。

SECはこれまで、多くのICOは証券法に違反している可能性があるとして繰り返し警告していて厳しい規制を約束していました。

SECの調査によりICOの規制がより厳格になっていくと考えられています。

また、米国政府機関でも国家的レベルで仮想通貨ビジネスの法案が導入され、合意されているので、仮想通貨に関する一部の規制が緩和されます。

ワイオミング州では証券規制からトークンを免除する法律が合意され、ICOが自由に行うことができます。さらに、ワイオミング州では法案が提出され、可決されると財産税を免除されるようになります。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

マイニング最大手ビットメインがアメリカテキサス州での事業規模を縮小

中国のマイニング最大手企業のビットメインがアメリカテキサス州で行なっているマイニング事業の規模を縮小している…

ブロックチェーン技術者の求人数が増加。アメリカでは、ブロックチェーン開発者求人数が約…

アメリカにおいて急成長している職業をまとめたレポートを、「LinkedIn(世界最大級のビジネス向けSNS)…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア