Bitcoinバブルは耐久性をテストするために必要

何百万人もの投資家とヘッジファンドMiller Value Partnersの創業者であるBill Millerは、 仮想通貨市場の売り切れについてのポジティブな見解を共有し、FOXBusinessの独占インタビューで2月28日に投資家は恐れるべきではないと話しました。

インタビューの中でBitcoinの ”信者”や ”伝道者”ではなく、Bitcoinの ”オブザーバー”と呼んで、Millerは歴史のなかでBitcoinと他の主要な発明を比較しました。

「ビットコインの注目する点は、1920年代の印刷機、鉄道、電気、ラジオ、バイオテクノロジー、インターネットにいたるまで、時代を超越した革新的な革新の道をたどってきたことです。

ウォール街の多くは、仮想通貨バブルが2000年のナスダックの時よりも悪化していることを懸念しており、Bitcoinが今年1000ドルに下落すると予測している人もいますが、実際に市場は新技術を採用するためにこのバブルを必要としています。

有名な投資家は、Everett M. Rogersの「Innovations of Diffusion of Innovations」という考えを引用して、「このようなイノベーションが実際に存在するかどうかを確かめるために、資金を市場に投入するにはバブルが必要となる。」と言います。

2017年12月、同月Bitcoinの価格が2万ドルと過去最高を記録したことを反映して、Millerは彼のヘッジファンドのお金の50%近くがBitcoinに投資されたと話しました。ミラーは2017年7月、インタビューで、2014年から彼自身の資産の一部はBitcoinとして保持していると話しました。

ウォール街では仮想通貨に対するMillerの楽観的な見方を賛成することは少なく、 2018年1月には、銀行大手メリルリンチは、クライアントのための仮想通貨関連投資の調査から、「この製品の適合性と適格性基準に関する」という懸念を理由に、財務アドバイザーを禁止しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

レクサス個人タクシーがBitcoin決済導入

東京で予約できるレクサス個人タクシーでBitcoin決済が導入されました。

facebookにとる仮想通貨プロジェクトは、「リブラ」

ウォール・ストリートジャーナルが、かの有名なfacebookが仮想通貨を使った決済システムを1年以上「リブラ…

ツイッター、仮想通貨広告の禁止

ツイッターがフェイスブックやグーグルに続き、仮想通貨関連の広告を禁止します。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア