ブロックチェーンを使って強制労働を解消

コカ・コーラと米国国務省は、他の複数組織とともに、強制労働問題を解消するためにブロックチェーン技術を使用するプロジェクトを開始しています。強制労働を解消するためにブロックチェーンを使って、世界中の労働者のセキュリティ登録を作成します。そうすることで、強制労働の下で働く2,500万人の人々の権利を守ることができます。報告によると、強制労働の下で働く人の約47%がアジア太平洋に住んでいるそうです。

特に規制機関は、飲料メーカーのサトウキビ調達における労働問題を問題視していたようです。

KnowTheChainの報告書

強制労働をなくすため、KnowTheChainの「意識調査報告書」が発表されました。 KnowTheChainは、投資家と企業がサプライチェーン内の強制労働問題を理解し解決することを目指しています。2016年のKnowTheChainレポートには、「危険な分野」とみなされる60社の活動が書かれています。

飲食業界は、ユニリーバ、コカコーラ、ネスレ、ペプシコ、ウィルマーなど、世界で最も有名なブランドがいくつか掲載されています。KnowTheChianが強制労働問題に取り組む上で先駆者と認識しているトップランクの3つの飲食企業は、ユニリーバ、コカコーラ、ネスレなどが記載されています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が自主規制「レバレッジ取引の証拠金の上限を4倍」…

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がレバレッジ取引の証拠金の上限を4倍にする自主規制を定めようとしています…

金融庁がコインチェックを仮想通貨交換業として認可

2019年1月11日、日本の金融庁は、みなし仮想通貨交換業者コインチェックに仮想通貨交換業者としてライセンス…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア