SNSを使った報酬として仮想通貨が手に入る

利用者がコンテンツ制作をしたり、コンテンツに「いいね!」を押すことでインセンティブが稼げることができる新しいソーシャルメディアアプリが登場します。この新しいアプリはブロクチェーンを使っていて、ソーシャルメディアの利用者がオンラインで使った時間と想像力に報酬を与えようと考えています。

APPICSは、スマート・メディア・トークン(SMT)のひとつとして立ち上げられる予定です。集まった「いいね!」を仮想通貨に交換するということは、スティームイットというプラットフォームですでにおこなっています。

グローバルウェブインデックスの調査によると、世界中で携帯電話やスマートフォンが急増している中、多くの人はソーシャルネットワークで1日2時間使っていることがわかりました。

ソーシャルアカウントが口座(wallet)に

APPICSはコンテンツ利益から65%をクリエイターに支払い、そのコンテンツに「いいね!」をした利用者に25%が振り分けられます。そして、残りの10%はプラットフォームへの再投資やサポートに振り分けられるという仕組みになっています。

従来のソーシャルネットワークとは少し違い、すべての「いいね!」の価値は異なっています。このプラットフォーム上の通貨であるAPPICSトークンをどれだけ持っているかが重要になります。一つのアカウントが大量に「いいね!」を押して大きな影響力を一度に行うことを防ぐために1日にできる投票は限られています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ビットコインATM事業者のコットンウッドがビットライセンスを取得する、仮想通貨ATM…

2019年1月31日、ニューヨーク州金融サービス局(NYDES)は、ビットライセンス(仮想通貨事業者の免許)…

アメリカの有名各大学等が2019年後半に仮想通貨「Unit-e」を開発することを発表

2019年1月17日、スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校等が、アメ…

マイニングの最新技術を用いて、マイニング業者が米テキサス州へ進出

マイニングのセオリーと言えば、寒冷地におけるマイニングです。ところが、最近、マイニング事業者最大手のビットメ…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア