博報堂が1万人に仮想通貨についてのインターネット調査結果を発表

 博報堂の金融マーケティングチームが、仮想通貨に関する生活者調査の結果を発表しました。仮想通貨購入者の7割が男性で、30代未満が過半数を占めました。購入する目的は「お金儲け」が最も多い理由となりました。

18歳以上の男女1万人を対象にインターネットで調査をしました。

仮想通貨の購入経験がある人は4.6%

仮想通貨の購入経験があったのは全体の4.6%で466人となりました。

購入時期別にみると、2017年1月以前に購入していた人の割合が42.7%で2017年2月から12月に購入した人の割合は36.3%、2018年以降に購入した人の割合は21.0%となりました。

この購入時期別にみると、最近仮想通貨を始めた人が多いことがわかります。また仮想通貨を購入したことがある人が4.6%であることから95.4%の人は購入したことがないという結果になりました。取引量の多い日本であってもこれだけの人しか購入経験がないということからこれからも注目度が上がるたびに購入する人も増えていくと考えられます。

10代から20代が購入の過半数を占める

男女別にみると、購入者の7割が男性となり、10代から20代の男性が過半数を占めました。購入時期が最近になればなるほど、若年層が増えていきます。

年収でいうと400万円から600万円の層が仮想通貨に関心が高いようです。また、職業では会社員の割合が多くを占めています。さらには最近では専業主婦(主夫)の割合が増えています。最近の仮想通貨の価格上昇やニュースで取り上げられる機会が多くなり主婦層にまで広がっています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

FBIが仮想通貨保有者に対し注意を促す広告文を出す。横行する詐欺とは・・

アメリカで横行する新たな詐欺の手口について、FBIが注意喚起を求めました。

インドで仮想通貨規制が強化、インド初のデジタル銀行で仮想通貨関連の口座が閉鎖される

インド初のデジタル銀行Digibankが仮想通貨関連の口座を閉鎖措置をとっていたことが明らかになりました。

アメリカのワイオミング州において仮想通貨を通貨と定義する法案が可決される

2019年1月31日、アメリカのワイオミング州が、仮想通貨を通貨と定義する法案を可決しました。

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア