中国人民銀行が世界初のブロックチェーン実装を実現

中国政府は仮想通貨の取引や保有、投資に対して厳しい態度で臨んでいる一方で、ブロックチェーン技術の開発には熱心に取り組んでいます。

中国の中央銀行である中国人民銀行は、2018年3月26日、「ブロックチェーン登録オープンプラットフォーム」(BROP)というブロックチェーンの実装を世界で初めて実現したと発表しました。

BROPは、政府機関の認証要件等、官僚の負担を減らすことが主な目的(経済分野での使用も想定している)であり、今回の発表は、人民銀行が熱心に取り組んでいるブロックチェーン特許関連の活動がついに実ったと言えます(2017年に中国が申請したブロックチェーン関連の特許数は世界最多)。

杭州市の「グローバル フアイナンシャル サイエンス アンド テクノロジー サミット」でお披露目されたBROPは、2015年初頭にブロックチェーンテクノロジーの全体設計に取り掛かり、人民銀行参加の研究所、中鈔区塊技術研究院が開発したブロックチェーンのオープンプロトコル(仕様が公開されている規格)です。

中鈔区塊技術研究院の親会社にあたる中鈔信用卡産業発展有限公司の范貴甫CEOは、本件について、

「私たちは、ブロックチェーンやほかの金融関連の新テクノロジーの開発に集中的に取り組んでいる」とコメントしました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

冷え込みが続く仮想通貨市場。株式市場も2016年1月以来の厳冬状態?

株式市場も仮想通貨市場に負けず劣らず厳冬状態!市場下落の要因とは?

NASDAQのCEOが「仮想通貨はグローバル通貨になる可能性がある」とコメント

2019年1月21日、NASDAQのアデナ・フリードマンCEOが、「仮想通貨はグローバル通貨になる可能性があ…

Facebookがブロックチェーン企業を買収する

2019年2月5日、Facebookが仮想通貨・ブロックチェーン業界で初の買収を行なったことが判明しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア