EOS基本情報

通貨名:EOS
通貨単位:EOS
公開日:2017年6月26日
EOS公式サイト:https://eos.io/
公式ツイッター:https://twitter.com/eos_io
ホワイトペーパー:https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md


EOSの特徴

EOSは2017年6月にICOを行い、18時間で16億円を集めました。EOSは企業の業務サポートを目的とした仮想通貨で、スマートコントラクトを利用して分散型アプリケーションを作ることに特化している仮想通貨となっています。

トークン自体に価値はない

今のところ、EOSトークン自体が使用価値はなく、決済としての機能もないのでEOSのプラットフォーム内で使われることもありません。完全にICOの資金調達のためのトークンとなっています。なぜ、価値が上がるかというと開発チームのblock.oneに経験豊富なメンバーが多くいることや、EOSの機能性が高いこと、今後プラットフォーム内で使われる可能性があることから今の価格がついていると思われます。

トランザクション処理が無料で使える

トランザクションの処理が速く、1秒間に何百万件ものトランザクション処理ができ、さらにお金がかかりません。これは企業のような取引が多い場合にはとても役に立ち、イーサリアムより使い勝手がいいと言えます。

PoSが採用されている

この仕組みはLiskにも採用されています。そのブロックチェーンに参加している人たちの中で投票が行われ、取引の承認者を誰にするかを決定します。そして、選ばれた人がブロックを生成することができる、という仕組みになっています。

EOSの将来性について

EOSのプロジェクト自体は非常に将来性のあるものですが、EOSのトークン自体にはなにも使い道がないので今後価値が上っていくとは考えにくいと言えます。

しかし、トランザクションの処理が高速なことや取引手数料が無料なことから、EOSが既存のインフラで使われるようになったり、企業間で使われるようになれば価値は上っていくと思われます。

Consensus 2017 (english) - YouTube

出典:YouTube

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

世界で仮想通貨ATMが1日あたり約5台の新しく設置される

世界で仮想通貨ATMが1日あたり約5台が新しく設置され、の設置台数は4000台を越えており、仮想通貨市場は下…

米有名ラッパーの50セントが4年間ビットコイン保有で約8億円

米国のラッパーである50セントが約8億円分のビットコインを保有していることがわかりました。

中国マイニング機器メーカー大手カナンがアメリカでIPOを計画

中国マイニング機器メーカー大手のカナンが、アメリカでのIPO(新規株式公開)を目指していると報じられました。…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア