11歳の少年がICOによる資金調達

アメリカ合衆国コネチカット州オールド・グリニッジに住んでいる11歳の少年ジョージ・ウィックスナーは、”暗号キッド”と呼ばれています。

彼は、分散型ゲームプラットフォームの為に、ICOを立ち上げて2000イーサリアムを調達したと報道されました。

この11歳の少年は、いずれ仮想通貨業界の巨人と呼ばれるかもしれないと、マーケットウオッチは予見しています。

彼の毎日のルーティンは、学校に行くこと、宿題をすること、そして自分自身の将来に向けたスタートアップです。

彼は、毎朝6時頃起きて、7時30分に学校に行き、学校から帰ってくると、宿題を終えた後に夕食を食べ、仮想通貨の価格をチェックを行い、「Pocketful of Quarters」の作業を2時間程行います。

「Pocketful of Quarters」は、分散型のゲームプラットフォームを構築しています。

プラットフォームでは、様々なゲーマーが直面している問題を解決しています。

ゲーマーがゲーム内の通貨を購入後、通貨の残高がゲーム内に残ってしまう事がしばしばあります。

「Pocketful of Quarters」は、これらのクレジットを様々なプラットフォームで機能する暗号化方式にすることで、残高のロックを解除することを目指しています。

ウイックスナーは、「現在、別のゲームで同様のコインを使用できるようにしようとしている」と発表しました。

「Pocketful of Quarters」は、複数のゲームプロバイダと連携しているため、ICOを立ち上げた際に発行するトークンを使用することが出来ます。

11歳の少年によるトークンの販売は、プレス時に約457,000〜915,000ドルに相当する1,000〜2,000台のイーサリアムを調達することを目指しています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

COMSAトークンプロジェクトについて

テックビューロー発の日本初にして最大のICOであるCOMSAについてまとめてみました。

ICOのプレセールとは?

ICOのプレセールについて説明します。

日本最大級のICO情報サイト「COINJINJYA」とは?

日本最大級のICO情報サイト「COINJINJYA」の紹介です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア