仮想通貨取引業者が更に2社撤退へ・・

金融庁は、コインチェックのXEM不正流出事件が発生後、国内の仮想通貨取引所に対し、取引所利用者の保護やマネーロンダリング(犯罪によって得られたお金の洗浄)対策等を強く求めています。

金融庁の求めに対し、体制整備が出来ない業者が仮想通貨業界から撤退しており、3月29日に仮想通貨取引所2社が金融庁へ登録の申請を取り下げをしていると日本経済新聞の報道で判明しました。

今回、金融庁へ登録の申請取り下げを申し出たのは、福岡県福岡市のミスターエクスチェンジ(3月8日に金融庁から業務改善命令)と、東京都新宿区の東京ゲートウェイの2社です。

日本国内における仮想通貨取引所の登録審査が厳格化により、 愛知県名古屋市のビットステーション、沖縄県那覇市のビットエクスプレス、三重県鈴鹿市の来夢といった3つの「みなし業者」が既に申請を取り下げています。

また、香港を拠点とする仮想通貨取引所バイナンスに対しても、無登録営業をしていたとして、金融庁は警告を行っています。

新たに仮想通貨業界へ参入しようとしている企業は・・Yahooも

仮想通貨取引所への新規参入が困難になっていくことにより、新たに仮想通貨業界に参入しようとしている企業は、現在登録している業者を通じて仮想通貨取引業に参入しようとしています。

大手企業のYahooは、仮想通貨取引所として登録している東京都渋谷区のビットアルゴ取引所東京の株式を取得して、2019年春に仮想通貨業界へ進出するとされています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカの仮想通貨取引所クラーケンを運営しているPayward Asia(ペイワード…

2019年3月14日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、アメリカで仮想通貨取引所クラーケンを運営するP…

世界最大の資産運用会社ブラックロックの次期CEO候補にビットコインETF否定派の人物…

2019年1月9日、世界最大の資産運用会社ブラックロックは、次期CEO候補にビットコインETF否定派のマーク…

仮想通貨取引所12社にユーザーとの公正取引委員会が契約を改めるように命令(韓国)

韓国の仮想通貨取引市場では規制が強化されていますが、消費者保護に向けた動きがありました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア