アメリカ国内の仮想通貨所有者の間で詐欺被害が多発していることから、
FBI(アメリカ連邦捜査局)インターネット犯罪苦情センターが仮想通貨所有者に対し、注意喚起を促す広告を出しました。

アメリカでは、仮想通貨の技術サポートを語る詐欺被害が横行しています。

詐欺に遭ったライトユーザーに詐欺師が寄ってきて、損害を取り戻すと申し出たり、詐欺師を捕まえる為にお金を請求してくるのが新たな手口であり、電話やインターネットの検索、広告、フィッシングメール等を使って行われていると広告で述べています。

この新手の詐欺は、詐欺師が被害者のウォレットにアクセスする為、仮想通貨の取引所や販売所の担当者になりすまし、ウォレットから仮想通貨を外部に根こそぎ移動てしまい、被害額が数千ドルにのぼることも珍しくないそうです。

FBIは、ウィルスソフトをこまめにアップデートすることや怪しげな広告をブロックしたり、技術的なサポートが必要な場面でも、安易に行動せずに、慎重に行動することの重要性を述べています(詐欺師はすぐに行動しなければとんでもないことになってしまうという恐怖を煽っている為)。

FBIは、詐欺事件にあった人は、事件をできるだけ詳しく迅速に報告するよう求めています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

金融庁が仮想通貨取引所や銀行にマネーロンダリング対策で報告を命令する

2019年1月15日、金融庁が仮想通貨取引所や銀行等に、マネーロンダリング対策やテロ資金を犯罪組織に与えるこ…

中国マイニング機器メーカー大手カナンがアメリカでIPOを計画

中国マイニング機器メーカー大手のカナンが、アメリカでのIPO(新規株式公開)を目指していると報じられました。…

Facebookがリリースする仮想通貨によって売上高プラス2兆円超との予測も

Facebookが発行予定の独自の仮想通貨によって、新たに最大190億ドル(約2兆1000億円)の売り上げを…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア