今後の中国の仮想通貨に対する規制に変化が?

アメリカ帰りの経済学者イ・コウ氏が、中国人民銀行の総裁に任命されました。

コウ氏は仮想通貨市場に好意的な人物であり、習近平国家主席も親市場派であることから、今回の登用は市場に好影響を与えるだろうと言われています。

2017年9月、中国政府と中国人民人口が仮想通貨市場を厳格に規制しましたが、経済アナリストのジョン・クリーシー氏は、習国家主席の政治的談話を支持する為、仮想通貨取引を規制したのであり、習国家主席が政治体制を盤石に確立したら、政府が仮想通貨市場の厳格な規制を緩和させるかもしれない、と述べました。

中国政府は、仮想通貨取引を禁止しただけで、仮想通貨を所有することを禁止していないので、ネオ(NEO)等の中国で誕生したブロックチェーンは現在も開発が行われています。

中国発のブロックチェーンや、中央銀行のコウ新総裁といった親仮想通貨市場派の登用から、今後仮想通貨やブロックチェーンを推進していく法律が発表される可能性があります。

よって、中国政府は仮想通貨取引を禁止したが、こういった状態が長引く可能性は低いかもしれません。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ウィンクルボス兄弟のビットコインETFをSECは拒否

ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインETF(上場投資信託)を拒否すると発表されました。

仮想通貨広告禁止措置に集団訴訟、ロシア・中国・韓国

Google、Twitter、Facebook等の仮想通貨広告禁止措置対し、集団訴訟がアメリカで提起されまし…

インターネットのウェブ広告の閲覧報酬として、仮想通貨を稼げる仕組みを分散型ブラウザの…

インターネットのウェブ広告を閲覧した報酬として独自の仮想通貨BAT(Basic Attention Toke…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア