仮想通貨取引を始めてから二段階認証の存在を知った人も多いと思います。

二段階認証に使っているスマートフォンを失くしてしまったり、壊してしまったらどうなってしまうのか考えたことはありますか?

新しくスマートフォンを買い換えた時だって同じです。

スマートフォンのバックアップから復元をしてもダメです。

どうしたら良いのか、書いていきます。

二段階認証のアプリは復元することが出来ない

スマートフォンに何かあった時の備えとして、バックアップをとっている人もいるでしょうが、バックアップをしても二段階認証アプリの情報を復元することは出来ません。

スマートフォンが故障・紛失といったトラブルや機種変更を行った場合等に備えて、スマートフォンのバックアップ以外で対策を考えておかなければなりません。

Twitter上でも二段階認証について色々と呟かれています。

二段階認証のバックアップ及び対処方法

他の端末でQRコードを読み込んでおく

二段階認証を設定する時は、同時に複数台でQRコードを読み込んでおくことが出来るので、端末に予備がある場合は、複数台でQRコードを読み込んでバックアップをとっておきましょう。

メインで使用しているスマートフォンが故障してもログインすることが出来ます。

二段階認証のバックアップのために、スマートフォンを予備として購入すると良いかもしれません。

QRコードやバックアップキーを保存しておく

2段階認証の設定画面でQRコードを画像(写真撮影、スクリーンショットを含む)や印刷して保存しておくことにより、バックアップをしておくことが出来ます。

また、QRコードの下に表示されているバックアップキーを保存しておく方法もあります。

バックアップキーを上のGoogle Authenticatorのキーの部分に入力することで復元することが出来ます(バックアップキーは取引所によっては未対応の場合もあります)。


QRコードやバックアップキーが盗まれたりすると大変なので、取り扱いには細心の注意を払いましょう。

二段階認証の再設定

二段階認証の再設定を行う場合は、一旦、二段階認証を解除してから設定します。

どの取引所も二段階認証の解除は、サポートセンターへの問い合わせが必要で面倒です(問い合わせると、本人確認後に解除されます)。

ビットフライヤーの場合

問い合わせフォームから二段階認証の解除を申請し、電話で本人確認が完了すると、二段階認証を解除することが出来ます。

ビットフライヤーは、二段階認証アプリ以外に、電子メールや携帯電話へのSMSメッセージで二段階認証を設定することが出来ます。

Zaifの場合

お問い合わせフォームから二段階認証の解除依頼をします。

「お問い合わせ内容」から「二段階認証」の停止依頼を行って停止をすることができます。

Zaifは、バックアップコードがあるので、それを使ってログインすることが出来ます。

このバックアップコードをメモして書きとめたり、印刷して保管しておきましょう。

バックアップコードは、

Zaifにログイン→セキュリティをクリック→2段階認証設定をクリック→
バックアップコードの確認と印刷をクリックすると、バックアップコードが10個発行されます(バックアップコードは、1度使うと使えなくなってしまうので、バックアップコードが少なくなったらまた発行しましょう)。

海外の取引所は必ずバックアップしましょう

海外の取引所は、二段階認証の解除について英語で問い合わせすることになり、返信も英語なので、意思の疎通が上手くいかないこともあり、日本の取引所よりもやりとりが大変です。

問い合わせをしても回答がなかなかこない取引所もあるので、海外の取引所は、二段階認証のバックアップを必ずしておきましょう。

取引所に保管しないでハードウォレットで管理

取引所には、取引に使うだけの少額のコインのみを置いておいて、保有しているコインのほとんどを自分のウォレットで管理する方法もいいかもしれません。

二段階認証が解除できなくなる煩わしさがなくなります。

パスワードと秘密鍵をしっかりと管理しておけば、レジャーS(LedgerNanoS)やトレザー(TREZOR)などのハードウェアウォレットは最高レベルのセキュリティですし、オススメです(ハードウェアウォレットが壊れたり、盗まれたりしても、リカバリフレーズがあれば復元することが出来ます)。

ハードウェアウォレットについては、今後詳しく書いていきます。

バックアップができるタイプの二段階認証アプリ

スマートフォンのバックアップをとっても二段階認証のバックアップは出来ないと書いてきましたが、アプリ内にある二段階認証をバックアップすることが出来るタイプのアプリがあります(大半の人が利用しているGoogle Authenticatorは出来ません)。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

イーサリアムのハードフォークとは?

イーサリアムで実施されるハードフォークについてザックリと説明します。

オススメ!仮想通貨管理アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」

仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)を使うと、自分が持っている仮想通貨をポートフォリ…

ERC223とは?

ERC20のアップデート版であるERC223について簡単に説明します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア