コインチェックに対し、新たな集団訴訟が提起

今回が初めてではありませんが、2018年1月26日に発生した、コインチェック内の約580億円相当の仮想通貨ネム(5億2639万XEM)がハッキングされた被害により、コインチェックに対して損害を請求する集団訴訟が新たに提起されました。

申立者は弁護士法人ITJ法律事務所(東京都港区)、原告は15人で、請求総額はおよそ8,200万円と発表がありました。

訴訟事由は、ハッキング事件後、ネム以外の全ての仮想通貨の取引をコインチェックが停止したことにより、(ハッキング事件の報を受けて)仮想通貨暴落の際、コインチェックの顧客が仮想通貨の移転を行えず、損害が拡大してしまったのが理由とされます(コインチェックは、顧客が仮想通貨の移転を求めても応じなかった)。

原告は、事件発生から各仮想通貨が出金可能になった時点の差額を損害賠償額として請求します(コインチェックに出金指示をしなかった顧客は、事件発生時から実際に出金した時点の差額を請求)。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

USDT(テザー)を用いた証拠金取引サービス(レバレッジサービス)を香港に拠点を置く…

香港に拠点を置く仮想通貨取引所Bitfinexが、アメリカドルとUSDT(アメリカドルとのステーブルコイン)…

日本の仮想通貨取引所ビットポイントがタイ国の当局からライセンスを取得

2021年2月21日、日本の金融庁からライセンスを取得済みの仮想通貨取引所ビットポイントの親会社リミックスジ…

ナスダックのBitcoin先物市場はまだ探索段階である

ナスダックのCEOはスイスのダボスで開催された世界経済フォーラム(World Economic Forum)…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア