ヘンリー王子の結婚を記念してICOが開始

英国王室をテーマとして取り扱っている「クラウン&カントリーマガジン(Crown and Country Magazine)」が、ヘンリー王子がメーガン・マークルと結婚したことを記念してICOを開始すると発表がありました。

販売されるトークンは、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン等で購入可能なクラフトロワイヤル(Royl)という名称です。

調達された資金の半分は、王室が支援している3つの慈善団体に寄付され、残りの半分は同誌が雑誌の特別版を作成する為に配分される予定です。

寄付がされる慈善団体は、ヘンリー王子が設立したアフリカ諸国のHIV感染者を支援する「セントメアリー(Sentebale)」、病気や怪我をしている人達が参加するスポーツイベントを支援する「Invictus Games」、ケンブリッジ公爵夫妻とヘンリー王子によって運営されている「ロイヤル財団」です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「XRPが世界一の仮想通貨になる可能性」について

アメリカの格付け会社であるWeiss Ratingは、決済手段としての役割を果たせていないビットコインに代わ…

世界最大の仮想通貨取引所Binanceが 「少なくても1ヶ月に1回はトークンを上場さ…

2019年1月3日、世界最大の仮想通貨取引所Binanceが、取引所のプラットフォーム上で「少なくても1ヶ月…

アメリカのワイオミング州において仮想通貨を通貨と定義する法案が可決される

2019年1月31日、アメリカのワイオミング州が、仮想通貨を通貨と定義する法案を可決しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア