マネックス コインチェック記者会見

・コインチェックは、マネックスの完全子会社化。

・コインチェック和田社長、大塚取締役4月16日退任(両名とも執行役員として就任する)。

・監督機能と執行機能を分離し、監督機能にはマネックス勝屋常務他4人、執行機能には同勝屋氏、和田社長、大塚取締役が経営陣として就任。


・買収金額36億円。

・今後顧客保護第一として、仮想通貨交換業者の登録を2カ月を目標に目指す。

・コインチェックという名称は残る。

・匿名性の高い通貨の取り扱いについては明言せず。

・ネムは継続して取り扱う。

・流出事件の補償については完了の見解。

・訴訟に関しては、現在、特には増えてない。

・買収については、3月半ば頃、マネックスにコインチェック和田社長から相談があった。

・マネックスクリプトバンクとしての仮想通貨業界参入は取り下げる。

・コインチェックのサービス全面再開は、交換業者登録と同時期と推定。

・ネムの補償にあっては、マネックスは関与せず、コインチェックの自己資金で対応。

・マネックス以外も複数社の候補があった。

・マネックスに決めた理由は、意思決定のスピード感及び管理体制の強化のため。

・金融庁からコインチェックの運営体制改善を求められているため、和田社長の退任という運びとなる。将来的に、和田社長がコインチェック社長に再任もあり得る。

・ネムの補償と今回の買収には関係はなく、金融庁から指導を受けているため、今回の子会社化となった。

・買収金額については事業登録をできるのか、また続ける場合には利益が出るのかを考慮し、アーンアウトをすることから見た目上の金額が小さい。

・コインチェックの社員は104名で、今後も採用を積極的に行う。

3年分の当期利益の半分がマネックスに属し、訴訟のリスクなどは差し引かれるため、マネックスへの事業リスクは少ない。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカ政府機関の閉鎖を受けて、CBOEがビットコインETFの申請を取り下げ

2019年2月27日までにビットコインETFの可否判断をSECが行う期限であったが、1ヶ月以上続くアメリカ政…

金融庁からLINEグループの子会社LVCが仮想通貨交換業のライセンス取得

2019年9月6日、金融庁が大手SNSサービス会社LINEグループの子会社LVCに仮想通貨交換業のライセンス…

アメリカの仮想通貨取引所クラーケンを運営しているPayward Asia(ペイワード…

2019年3月14日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、アメリカで仮想通貨取引所クラーケンを運営するP…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア