仮想通貨取引所を利用者している人は、日本円や仮想通貨等の資産を取引所に預けたままになっている人も多くいると思います。

取引所に資産を預けたままにしていると、資産が盗まれてしまう可能性があるので、二段階認証をかけることをおすすめします。

二段階認証は自宅に鍵をかけるようなイメージで、二段階認証を行わないまま、取引所に資産を預けたまま盗まれていないのは、空き巣が自宅にたまたま盗みに入っていないだけで、いつ何時盗まれてしまってもおかしくはありません。

二段階認証は最低限のセキュリティで、取引所のほぼ全てが二段階認証を推奨しています。

二段階認証とは?

メールアドレスとパスワードを入力すれば取引所にログインすることが出来ますが、これに二段階認証を追加するとセキュリティが向上します。

メールアドレスやパスワードは盗まれたら簡単にログインされてしまいますし、盗まれていなくてもメールアドレスはオープンな物ですし、パスワードは片っ端から試されてログインされてしまいます。

二段階認証は数十秒間隔で6桁の数字がランダムで切り替わるので、アカウントが飛躍的に強化されます。

二段階認証をしていれば補償の対象に

取引所によっては、二段階認証をしていれば、条件付きながら仮想通貨の盗難を補償してくれます。

いずれの仮想通貨取引所も二段階認証登録ユーザーを対象としています。

二段階認証の登録方法

二段階認証アプリをスマートフォンにインストールします。

おすすめは、Googole Authenticator(iPhone版)・Google認証システム(android版)です。
 

Google Authenticatorの画面右上の+ボタンを押して「バーコードをスキャン」ボタンをタップします。

「バーコードをスキャン」をタップするとカメラが起動するので、カメラをQRコードにかざします。

表示されたパスワードをログイン画面で入力すれば設定が完了です。

Googole Authenticator(iPhone版)

Google認証システム(android版)

二段階認証 注意事項

2段階認証を設定していると、スマートフォンを紛失したり壊してしまった時、取引所にアクセス出来なくなる可能性があります。

こういった場合を避ける為、二段階認証設定時を設定時にはQRコードや設定キーなどは、スクリーンショットやバックアップをとるなどの対策を必ずしましょう。

予備のスマートフォンがある場合は、QRコードを読み込ませてバックアップ用に保管しておいても大丈夫です。

詳しい情報は、今後記載します。

二段階認証 最後に

実際のところ、取引所に預けいている資産が盗まれても何も保証はされません。

コインチェックのネム(NEM/XEM)流出事件にように、補償がなされるようなケースは稀です。

よって、二段階認証を設定してセキュリティを強化することはマストであると言えます。

とはいえ、二段階認証をしていても取引所が潰れてしまったしたり、ハッキングにあった場合も資産を失ってしまいます。

取引所で仮想通貨を購入後はウォレットに移す等して、仮想通貨を自分自身でしっかりと守りましょう。

ウォレットなどの情報は今後記載していきます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子を可視化する「fiatleak」というサイトの…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子がリアルタイムで分かる「fiatleak」というサイトのご紹介です。

仮想通貨は休日明けに値上がりする?

GW休み明けや正月休み明け等、実際のところどうなのでしょうか?

仮想通貨のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」について

仮想通貨を保管するウォレットにはいくつか種類がありますが、できるだけインターネットに接続しないで管理すること…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア