スタンフォード大学経営大学院でブロックチェーン技術や仮想通貨のクラスが新設

アメリカ合衆国カリフォルニア州のスタンフォード大学経営大学院が、ブロックチェーンと仮想通貨を学ぶクラスを新設することが発表されました。

世界有数のMBA(Master of Business Administration=経営学修士)プログラムを提供するスタンフォード大学経営大学院が、グローバル企業が欲する人材を養成するこのプログラムに、注目が集まっています。

ブロックチェーン技術に注目が集まっていますが、技術を持ち合わせている人材が不足しており、ブロックチェーン技術を導入したくても、企業は参入を見合わせています。

こういったニーズの増加が、クラス新設の背景にありました。

2018年5月から「仮想通貨(Cryptocurrency)」クラスが新設され、同クラスを選択する学生は多いとみられます。

企業のブロックチェーンへの参入は、2017年には前年比から88%増加し、投資額は975億円(9億1,100万ドル)にもなりました。

ブロックチェーン技術に賛同する企業の多くは、ブロックチェーン技術や仮想通貨業界に精通している人物を積極的に採用したいと考えているようです。

スタンフォード大学経営大学院が今回ブロックチェーン技術や仮想通貨のクラスを新設したことにより、今後、多くの学校でブロックチェーン技術や仮想通貨のクラスが増えていくかもしれません。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

マイニング最大手のBitmain(ビットメイン)営業利益が30億〜40億ドル

中国のマイニングマシンメーカー最大手のBitmain(ビットメイン)の昨年2017年の営業利益が30~40億…

アメリカで10万台のATMがビットコインの機能を付ける計画

ATM企業のリバティーXとジェンマが、アメリカに設置中のATM10万台に、ビットコインATMの機能を付ける計…

日本政府、デジタル通貨(e円)発行の検討を明言。

衆議院議員の中谷一馬氏がデジタル通貨発行に関する質問書を書いたところ、日本政府がデジタル通貨発行の検討を明言…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア