金融庁「ブルードリームジャパン」に業務停止命令。

金融庁が仮想通貨取引業者のブルードリームジャパン(岐阜県岐阜市)に業務停止命令を出しました。

3月から行っている立入検査の結果、ブルードリームジャパンが利用者保護の為の法律に違反していることが判明し、業務停止期間2ヶ月間の業務停止命令となりました。

これで金融庁の仮想通貨取引業者に対する行政処分は10社目です。

違反理由は、

・ブルードリームジャパンが自社発行の仮想通貨を、社長自らが購入し、仮想通貨の価格を操作することで、実際より通貨取引が行われているように見せていたこと。

・外部業者に自社発行の仮想通貨を斡旋するセミナーを開催させておきながら、内容について把握していなかったこと。

・マネーロンダリング(資金洗浄)対策やシステムの安全対策が不十分であったこと。

金融庁は、ブルードリームジャパンに併せて業務改善命令を出しており、業務改善報告書を2018年5月11日までに提出するように求めています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ブロックチェーン技術者の求人数が増加。アメリカでは、ブロックチェーン開発者求人数が約…

アメリカにおいて急成長している職業をまとめたレポートを、「LinkedIn(世界最大級のビジネス向けSNS)…

ビットフライヤーがLISKの取引を開始いたしました

先日ビットフライヤー の加納社長がつぶやいて話題になっていた新コインの取引がはじまりました。

2018年注目すべきビットコイン先物取引

CMEグループは、ビットコイン先物取引を開始すると発表した。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア