不正アクセスから身を守るためのパスワードのセキュリティ

自分が持っている仮想通貨は、自分で管理して守っていかなければなりません。

不正アクセス等で仮想通貨が盗まれる事案が多発しているので、自分の資産を守る為には、出来る限りのセキュリティ対策をしておくことが重要になってきます。

パスワードは覚えやすいものを設定したくなりますが、パスワードの設定の際、「英数混同で8文字以上」のセキュリティが求められることが良くあります。

そこで今回は、「パスワードのセキュリティ」について考えてみたいと思います。

悪意のあるハッカーがパスワード解析の際にかかる時間

4桁や6桁の数字や英語単体のパスワードは解析が簡単にできる為、非常に危険です。

そこで、英字と数字に加え、記号も使用するとパスワードの強度は格段に向上します

上の表から分かるように、6桁の英字(大文字小文字区別無し)では、たった37分でパスワードを破られてしまいます。

けれども、「英字+数字」で8桁以上のパスワードを作成すると、一から順にパスワードを組み合わせて試していっても最大で約50年かかります。

英字や数字、記号を組み合わせ、桁数を増やすことにより、強力なパスワードを作ることが出来ます。

複雑で覚えられないパスワードを書いたメモをなくしてしまうと大変ですが(運営に連絡して再設定しなければならないので)、設定するパスワードは最低でも「英字+数字」で8桁以上の強力なパスワードを作成するようにしましょう。

パスワード管理における注意点

保管の方法に注意

長く複雑なパスワードは、覚えるのが一番ですが、メモする時はIDとパスワードのメモを別々に保管しましょう。

(メールアドレスから推測されるので)IDを他人に知られてしまっても、パスワードが分からなければ被害を避けることができます。

定期的に変更する

パスワードは、どんなに強力であっても、外部に漏れる可能性はゼロではありません。

なので、定期的なパスワードの変更が推奨されています。

ネットカフェ等ではログインしない

不特定多数が利用するパソコンでは、悪意のある人にスパイウェアが仕掛けられている可能性があります。

そういった時、強力なパスワードを設定したとしても、簡単にログインされてしまいます。

よって、自分が使用しているパソコンやスマートフォン以外では、ログインしないようにしましょう。

特にネットカフェ等ではログインしないようにしましょう。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨決済のプラットフォームであるBakkt(バックト)とは?

Bakkt(バックト)とは、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社であるICE(インターコンチネンタル取…

仮想通貨で利益が出たら納税をしよう!

仮想通貨は利益が出たら税金を納めないといけません。 仮想通貨の損益は、雑所得として扱われます。

ビットコイン関連の暇つぶしサイト「Bit Listen」とは?

現在世界で行われているビットコイン取引を確認することができる「BitListen(ビットリッスン)」というサ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア