仮想通貨を取引所に置いたままにしておくと・・・

仮想通貨取引所に仮想通貨を置いたままにしていると、取引所がハッキングにあったり、取引所が倒産したり、その他にも色々と危険があるので、セキュリティの高いウォレット(財布)で保管することが勧められています。

実際に2018年1月には、coincheck(コインチェック)からネム(NEM/XEM)が盗難されており、取引所に仮想通貨を預けたままにしておくことは、危険と隣り合わせということであり、決して他人事ではありません。

コインチェックは、コールドウォレットやマルチシグの対応をしておらず、セキュリティが甘かったことがハッキングの原因と言われていますが、取引所に置いたままにしていた利用者も被害が拡大した要因であるため、利用者自身もセキュリティの高いウォレットで保管するといった防犯意識を高くすることが大切です。

取引所がハッキングにあっても、取引所は利用者の資産に対して何も責任をとってはくれません。

コインチェックが補償を行ってくれたのは、例外中の例外なのです。

今回はウォレットの種類やオススメのウォレットについて紹介していきます。

オンラインウォレット

仮想通貨取引所で仮想通貨を保管するので、初心者の人が1番取り扱いやすいウォレットです。

仮想通貨を物理的に保管するコールドウォレットの反対で、常にオンライン上で仮想通貨を保管するホットウォレットです。

出し入れが簡単ですが、常時オンライン上で保管しているので、紹介するウォレットの中ではもっともセキュリティレベルが低いウォレットになります。

ハッキングされる可能性やサイトに接続出来なくなった時に利用出来なくなったり、取引所が倒産する可能性もあるので、このウォレットには、仮想通貨を保管用する為に利用するのではなく、取引用に仮想通貨を少量入れておく程度が良いです。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットはパソコンにアプリケーションをインストールして仮想通貨を保管する方法です。

パソコン上で保管され、パソコンの電源を落としてオフライン状態で管理することも出来るので(コールドウォレット)、セキュリティ的にも優れているのがポイントです。

オンラインウォレットよりセキュリティが高いですが、ブロックチェーンをダウンロードするので、インストールに数十時間位かかります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、プログラムで作った秘密鍵とアドレスを印刷した紙媒体で保管するコールドウォレットです。

コールドウォレットであり、非常にセキュリティが高く、(保管中は取り出しが出来ないので)長期保管に向いています。

紙やインクが劣化したり、ペーパーを紛失してしまう可能性がある点が欠点です。

もちろん、なくしたり紛失してしまうと、仮想通貨は二度と元に戻すことが出来ません。

ハードウェアウオレット

ハードウェアの中に仮想通貨を保管するタイプのウォレットです。

コールドウォレットの一種です。

数あるウォレットの中でもハードウェアウォレットが1番安全であると言われています。

機器の紛失や故障のリスクがありますが、秘密鍵(リカバリーキー)があれば復旧することが出来ます。

また、ハードウェアウォレットは、使用する機器によって対応している仮想通貨が違います。

TREZOR(トレザー)

価格は1万円位で、対応している通貨は、

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ダッシュ(DASH)
・ゼットキャッシュ(ZEC)

の7種類です(後にネム(XEM/NEM)が実装予定)。

リップル(XRP)には対応していないので、リップルを持っている人はLedger Nano S(レジャー・ナノS)がオススメ。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)

価格は1万5千円位で、対応している通貨は、

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ダッシュ(DASH)
・ゼットキャッシュ(ZEC)
・ドージコイン(DOGE)
・コモド(KMD)
・アーク(ARK)

の11種類です。

まとめ

これまで紹介したウォレットのセキュリティは、

オンラインウォレット<デスクトップウォレット<ペーパーウォレット<ハードウェアウォレット

という順番に高くなっていきます。

何かあった時に一番怖いのが、仮想通貨を取引所にまとめて保管しておくことです。

取引所には取引用の仮想通貨を少額残しておき、あとは惜しまずにハードウェアウォレット等に保管しておくことをオススメします。

仮想通貨は自己責任なので、自分自身で大切な資産を保管していきましょう。

今後、役立つウォレットの紹介や仮想通貨の保管方法について記事にしていきます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨とは?〜サクッと解説〜

「仮想通貨投資を始めてみたいけど、分からないことがたくさんあってちょっと・・」と悩んでいる方が多いようです。…

誤送金しないために練習でサトシ ナカモトにビットコインを送ってみよう

今まで送金をしたことがない人は練習として、ビットコインを作ったサトシ ナカモトに送ってみましょう。

ビットコイン関連の暇つぶしサイト「Bit Listen」とは?

現在世界で行われているビットコイン取引を確認することができる「BitListen(ビットリッスン)」というサ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア