ブロックチェーン技術とは、仮想通貨取引の記録作業をユーザー同士のパソコンで行い、すべての情報を皆で共有する技術です(インターネット技術の発明以来の革新的技術と言われ、この技術により不正が出来ません)。

この技術により、中央に管理者が存在しなくても、仮想通貨取引を行っているユーザー同士が取引の承認作業を行うことで、仮想通貨取引が成立しています。

しかし、承認作業が報酬等のないボランティアであったら誰も引き受けてはくれないので、取引の承認作業を行った人が報酬をもらえるシステムになっています。

今回は、承認作業の仕組みである、PoW、PoS、PoI、PoCという4つの方法について解説していきます。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは?

パソコンの計算により仮想通貨取引の計算作業を行い、最も早く処理ができた人が取引の承認をする権利を得るのがPoWという仕組みです。

取引の承認を行った人に対し、優先的に報酬が与えられます。

メリットは、報酬を得るために承認作業を行う人が出てくることです。

デメリットは、計算能力の高いパソコンを所有していないと承認作業が出来ないことです(取引の承認作業を行うには、家庭用のパソコンでは不可能で、専用のコンピューターで計算を行います。また計算を行う際の消費電力も高額なので、一般の人が参加しづらく、設備へ投資をすることができる人達に、承認をする権利が集中してしまいます)。

PoWを採用している有名な通貨はビットコイン(BTC)です。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは?

PoWを改善して作られたシステムがPoSです。

多くの通貨を保有している人が、承認作業を優先的に得られ、その結果報酬を仕組みです。

PoSには、

・coin age(コインエイジ)という「通貨を保有してからの期間」と「通貨の保有量」を掛け合わせて算出される数値が大きい人が、承認作業を得られる方法。

・承認作業を行う人をランダムで選ぶ方法(通貨の保有量が多い人ほど選ばれる確率が高くなる)。

という2つの方法があります。

メリットは、PoWのような計算処理が必要でないので、電力も消費しないので省エネです。

デメリットは、ユーザーが承認作業を得るために、より多くの通貨を保有しようとすると、通貨の流動性が悪くなることです。

PoSを採用している有名な通貨はイーサリアム(ETH)です。

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)とは?

PoIは、通貨の保有量と利用量を組み合わせて数値化された「重要度」が高い人が、取引の承認を行う権利が得られる仕組みです。

通貨を多く保有しているだけでは、承認の権利は得られず、通貨を実際に利用して、流通させることにより承認作業を得られます。

メリットは、通貨を流通させられることです。

デメリットは、多くの通貨保有量が必要なので、承認作業が財力がある人に集中してしまうことです。

PoIを採用している有名な通貨は、ネム(XEM/NEM)です。

PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)とは?

PoCは、信用力の高い人が承認するを権利を得られる仕組みです。

メリットは、承認する人が決まっているので、承認スピードがとても速いことです。

デメリットは、承認する人が決まっているので、通貨の権力が中央集権化してしまうことです。

PoCを採用している有名な通貨は、リップル(XRP)です。

投資を行う通貨の特性を理解するためにも、4つの承認方法のメリットとデメリットをよく理解することが大切です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨決済のプラットフォームであるBakkt(バックト)とは?

Bakkt(バックト)とは、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社であるICE(インターコンチネンタル取…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子を可視化する「fiatleak」というサイトの…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子がリアルタイムで分かる「fiatleak」というサイトのご紹介です。

ビットコインのイメージ

仮想通貨初心者が思ったことを書いていきます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア