Factom(FCT/ファクトム)の時価総額

Factomとは

FCTは、2015年9月に公開され、発行上限枚数が無限の仮想通貨です。

Factomは、アメリカの「Factom.Ink」という会社からリリースされたプラットフォームの名称で、Factomを利用するために仮想通貨Factoid(ファクトイド)が使用されています(通貨単位はFCT)。

プラットフォーム=イーサリアム
使用されている通貨=ETH

のイーサリアムと同じです。

なおFactomは、「Fact(ファクト)=事実」が語源となっています。

分散型データ管理プラットフォーム

FCTのプラットフォームは、「ファクトムサーバー」と「エントリーブロック」、「ディレクトリブロック」、そして記録が行われるビットコインのブロックチェーンで成り立っています。

ユーザーは、まず利用料金を支払い、データをファクトムサーバーにエントリーします。エントリーされたデータはファクトムサーバーが確認を行った後に、暗号化された状態で「エントリーブロック」に格納されます。そして格納された情報は、「ディレクトリブロック」の中で設定されたカテゴリーごとに分けられます。



こうしてまとめられたデータはさらに暗号化されて、10分ごとにビットコインのブロックチェーンへと記録されます。

ブロックチェーン上で取引データや文書の管理ができるという特徴があるため、公的情報の管理化が期待されています。

FCTを利用した情報管理がすすめば、役所に行かなくても住民票や登記簿情報を得ることが出来る時代がやってくるかもしれません。

FCTの中央集権型

FCTは、「Factom.Ink」が運営している通貨であるため、他の通貨とは異なり、管理者が存在します。

この中央集権型は、Factomのメリットとデメリットの二面性を兼ね備えています。

メリットは、Factomの一極集中による一貫とした管理が出来ること。

デメリットは、Factomが破綻してしまった場合、FCTも無くなってしまうことです。

FCTの管理に対する企業ビジョンがしっかりしているため、Factomの中央集権型がFCTに対して好影響を与えるのではと考えられています。

Dloc

Factomには「Dloc」というプロジェクトがあり、これはブロックチェーン上の情報をスマートフォン等の端末からQRコードを読み取り、情報を得ることが出来る技術です。

今後、この技術が医療現場等で色々な形で普及していくことが期待されています。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)

アメリカでは、住宅ローンの業界で書類整理等に多額の費用と多くの人手がかかっています。

こういった状況を効率化していくというプロジェクトが「Factom Harmony」です。

住宅ローンには、不動産業者や銀行等といった第三者が存在しますが、
間に第三者が介在するほど、手間やコストが増大します。

Factomを使えば、ブロックチェーン技術により記録が管理されるので、不正による改竄の恐れがない等、手間やコストの削減に繋がります。

FCTとEntry Creditの違い

FCTを利用するには「Entry Credit(エントリークレジット)」に換える必要があります。

Entry Creditに換えなければFCTを利用できない理由は、FCTは仮想通貨としての価格変動が起こるので、FCTがシステム利用料として使用出来るとユーザーにとって利用しづらくなってしまうからです。

FCTをEntry Creditに換えるとFCTに戻すことは出来ません(誰かにあげることも出来ないので、Entry CreditはFactomのシステム以外に使えません)。

そして、使用したEntry Creditは償却され、リサイクルされません。

Factom公式サイト

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

リスク(Lisk/LSK)とは

リスクの歴史や特徴についてまとめてみました。

モナコイン(MonaCoin/MONA)

モナコインの歴史や特徴についてまとめてみました。

エイダ(Cardano/ADA)とは

エイダの歴史や特徴についてまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア