仮想通貨MINDOL(ミンドル)とは?

仮想通貨MINDOL(ミンドル)は、「オタク文化」等といった日本独自のサブカルチャーや日本の中で「眠ったまま埋もれている才能」を発掘して、世界へ「クールジャパン」を基調とした日本を応援アピールするためのプロジェクトです。

MINDOLは、現在日本のアニメやハリウッド映画等に出資しており、将来的にはMINDOLをゲーム内での利用を目指しているそうです。

今回、タレントの松居一代さんを広告塔に起用しましたが、その松居さんとトラブル騒動が起きて、現在注目を集めています。

タレントの松居一代さんとMINDOL社のトラブルとは?

MINDOLを発行しているのは、「MINDOL HOLDINGS LIMITED(ミンドルリミテッドホールディングス:ミンドル社)」という2018年2月に発足した会社です。

MINDOL社が仮想通貨MINDOLの広告塔に起用したのが、タレントの松居一代さんで、投資にも前向きで松居さんに好印象を抱いたMINDOL社が、松居さんへMINDOLの広告塔としての起用を持ちかけたところ、松居さんが快諾したそうです。

実は
あたし…

仮想通貨に
参入したんです


これまで、
仮想通貨には

手を出しませんでしたが…

時代の流れとでも申しましょうか

投資家として、

「 よーし‼️ いくか‼️ 亅と

人生初の仮想通貨を購入したんです


実にたくさんの
仮想通貨の数に
驚きました



その中から

あたしが、
選んだ仮想通貨は

ミンドル…という通貨を選びました

2018年5月に約250人の投資家が集まるMINDOL主催のパーティー当日に広告塔である松居さんがドタキャン、その後、MINDOLが取引所への上場を祝したニューヨークで開催されるパーティーに松居さんが複数のYOUTUBERを連れて参加すると約束をしていたそうですが、再びドタキャンしたそうです。

この時、宣伝費として松居さんに支払われたのが、今回問題となっている「4億円分の仮想通貨」であり、MINDOL社は、こうした一連の松居さんの行動に対して、

「松居さんは、”着ていくドレスがない”、”迎えにくるリムジンの色が違う”等を理由にして突然ドタキャンした。非常に腹立だしい。MINDOLの仮想通貨を返して欲しい」

と宣伝費として松居さんに支払われたMINDOLの返還を求めており、MINDOL社は2018年10月に、宣伝活動を行わなかったので、事前に宣伝活動費として松居さんに支払われている「4億円分の仮想通貨」の返還を求める内容証明を送ったと主張していますが、松居さんは内容証明は届いていないと主張が食い違っているので、今後どのような展開を見せるのか注目です。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ツイッター、仮想通貨広告の禁止

ツイッターがフェイスブックやグーグルに続き、仮想通貨関連の広告を禁止します。

SONY(ソニー)がマイニング関連の特許を申請!

世界大手の家電メーカーで知られるSONY(ソニー)が、アメリカにてマイニングに関する特許を申請していたことが…

コインチェックに対する行政処分が決定しました

コインチェックに対する行政処分が決定し、関東財務局から発表されました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア