仮想通貨を購入したらそのまま、取引所に預けたままになっている人も多いと思います。 

仮想通貨のリスクとして、取引所の倒産やハッキング被害にあってしまった等の場合、所持している仮想通貨がなくなってしまう可能性があります。

そのため、仮想通貨を安全安心に保管するには、ハードウォレットを使って保管をすればリスクを軽減させることができるでしょう。

Legder NanoS(レジャーナノS)とは?

Legder Nano Sは、セキュリティが高く価格もリーズナブルな上に、人気仮想通貨リップル(XRP)をはじめ多数の仮想通貨の保管に対応できるので、今や一番人気のあるハードウォレットです。

ビットコインやイーサリアム、リップル、イーサリアムをベースとしたトークン等の保管におススメです。

Legde NanoSの特徴

ハッキングリスクを最小限に抑えられる

Ledger Nano Sは、コールドウォレットです。

使用時以外、インターネットに接続しない状態で仮想通貨の保管ができるので、インターネット経由のハッキング被害を防ぐことができます。

複数種類の仮想通貨に対応

Ledger Nano Sは、複数の仮想通貨を一元化して保管することができます。

保管したい仮想通貨がLedger Nano Sに対応していることを必ず確認しましょう。

保管できる仮想通貨は、下の図のとおりです。

本体が壊れても復元できる

Ledger Nano Sには、リカバリーフレーズ(復元フレーズ)というものがあり、これさえあれば、本体が壊れたても、復元をすることができます。

よって、リカバリーフレーズはバックアップをとって大切に保管しておきましょう。

Ledger Nano Sの初期設定方法

Ledger Nano SをUSBケーブルでパソコンと接続する

Ledger Nano SをUSBケーブルでパソコンと接続をすると電源が入ります。

「Welcome」と表示されます。

「Press both buttons to begin」と表示されるので、指示どおりに2つのボタンを同時に押します。

「With Ledger Nano S,side buttons are used」と表示されます。

側面の2つのボタンを押して次に進みます。

「Configure as new device? 」と表示されるので、右のボタンを押します。

PINコードの設定

PINコードという暗証番号を設定します。

画面上に「Choose a PIN code」という表示が出たら、2つのボタンを同時に押すことで次に進めます。

左右のボタンで、数字を決定してください。

Ledger Nano Sを使用する際、PINコードが毎回必要です。

覚えやすい数字を入力するといいでしょう。

ボタンの操作は、右のボタンを押すと数字が上がり、左のボタンを押すと数字が下がります。

2つのボタンを同時押しで決定です。

PINコードを4桁にする場合は、4桁入力後、2つのボタン同時押しで決定しますが、8桁を入力する場合はそのまま続けていきます。

入力を終えると、「Confirm your PIN code 」と表示されるので、PINコードを確認するしたら、2つのボタンを同時押しします。

ここで再度PINコードを入力します。

完了すると、「Write down your recovery phraseと表示されます。

リカバリーフレーズをメモする

Ledger Nano Sが故障したりした時等のトラブルのために、リカバリーフレーズをメモします。

リカバリーフレーズがあれば、ウォレットを復元させることができます。

24個の英単語からなるリカバリーフレーズを、Legde Nano Sと一緒に入っていた用紙にメモして、大切に保管しておきましょう。

2つのボタン同時押しで、1個目の英単語が表示されます。

メモしたら右のボタンを押して、繰り返し進めていきます。

24個すべて終了すると、「Confirm your recovery phrase 」と表示されまるので、両方のボタンを同時押しします。

同時押しすると、「何個目ののフレーズは?」と質問してくるので、記録したメモを確認して、ボタンを使って単語をスクロールしていき、質問されている英単語が出てきたら、両方のボタンを同時押しして決定します。

何回か質問に答えると、「Your device is new ready」と表示されます。

これで初期設定は完了です。

Ledger Nano Sの使用方法

アプリのダウンロード

初期設定が完了すると、仮想通貨のロゴがLedger Nano Sの液晶画面に表示されます。

管理したい仮想通貨のアプリをダウンロードして、Ledger Nano Sを使用します。

「Ledger Apps」ページで、「Ledger Manager」をダウンロードします。

ページがジャンプしたら、「GET THE APP」をクリックします。

「INSTALL」をクリックします。

「Ledger Manager」がアプリとして登録できました。

Ledger Nano SをPCに接続したまま、「Ledger Manager」をクリックすると、Ledger Nano Sの画面上に「Allow Ledger manager?」と表示されます。

Legde Nano Sの右側のボタンを押します。

PCに仮想通貨の選択画面が表示されたら、管理したい仮想通貨を選択し、「↓」をクリックします(今回はリップル(XRP)にします)。

Ledger Nano Sの画面上に選択したリップルが表示されたら完了です。

「Ledger Wallet Ripple」のダウンロード

PCで入金や出金を行う為、PCに「Ledger Wallet Ripple」をダウンロードします。

「Ledger Manager」と同じ、アプリをダウンロードするページにいきます。

「Ledger Wallet Ripple」をクリックします。

「GET THE APP」をクリックします。

「DOWNLOAD」をクリックして、PCにアプリをダウンロードします。

ダウンロードできたら「Ledger Wallet Ripple」を起動します。

Ledger Nano Sの画面に「Ripple」と表示されたら、2つのボタンを同時押しします。

「Ledger Wallet Ripple」が上のような表示になれば、Ledger Nano Sでリップルの入出金ができるようになります。

LedgerNanoSは必ず正規品を購入すること

LegderNanoSは、発行元であるフランスのLegder社または日本の正規代理店であるEarth Ship社で購入することができます。

アマゾンや楽天市場、ヤフオク、メルカリなどでもLedger Nano Sを購入することができますが、偽物が販売されている可能性もあるのでオススメはできません(中古はもちろん新品も、評価の高い出品者であってもです)。

偽物のLedger Nano S自体に仮想通貨を盗み出すプログラム等の細工がされている可能性もあります。

アマゾンや楽天市場等の大手インターネットショッピングサイトで売られている商品の大半が、アマゾンや楽天市場等の場所を借りている販売業者が出品している商品なので(登録さえすれば個人でも販売できるので、正規品であるとうたっていても正規品であるという保証はありません)、せっかくLegde Nano Sを購入するのであれば、フランスのLedger社または日本正規代理店Earth Shipから購入することをオススメします。

Legde Nano Sの購入先

Ledger社の公式サイト

日本正規代理店の公式サイト

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ビットコインの買い方

最近話題のビットコインを始めとする仮想通貨への投資に興味を持っても、始め方がわからない方に仮想通貨投資の始め…

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方~MyEtherWalle…

仮想通貨を保管するために色々なウォレットがありますが、イーサリアムウォレットの中でも最も有名なMyEther…

ERC223とは?

ERC20のアップデート版であるERC223について簡単に説明します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア