マルチシグとは?

マルチシグとは、multisignature(マルチシグネチャー)の略で、送金に複数アカウントの承認を必要とする設定のことを言い(トランザクションの署名)、秘密鍵を複数人で管理する方法のことです。

例えば、自分のアカウントにNEMを保管し、A、B、Cの承認を必要とするマルチシグを設定した場合、ハッカーにアカウントをハッキングされて秘密鍵を奪われたとしても、NEMの送金にはA、B、Cの承認が必要なので、NEMは盗まれません。

ハッカーがNEMを盗むためには、A、B、Cの秘密鍵を盗まなければならないので、非常にセキュリティが高い保管方法です。

マルチシグ設定は、設定が複雑で手数料が高いことや秘密鍵の管理が甘いと意味がない等とデメリットはありますが、通貨をしばらく動かす予定がない等と長期保管する予定である場合は、オススメな保管方法です。

2018年1月26日に発生したコインチェックのハッキング事件では、約580億円相当のNEMが盗まれましたが、コインチェックがマルチシグを導入していなかったセキュリティの甘さも原因と言われています。

マルチシグのメリット・デメリット

セキュリティーの向上

シングルシグ(秘密鍵が1つ)と違い、マルチシグ(秘密鍵が複数)は秘密鍵が1つハッキングされたとしても、2つ以上の秘密鍵が必要となってくるので(ハッキングには)、セキュリティの飛躍的向上が見込めます。

秘密鍵を分散管理が出来る

通常のアドレスの場合(マルチシグ設定をしていないアドレス)、秘密鍵を紛失するとログインすることが出来なくなるので、トランザクションができなくなってしまい、ウォレットに保管していた資金は利用出来なくなってしまいます。

マルチシグの設定で、3つの秘密鍵をそれぞれ別のパソコンで保管していれば、1つのパソコンが壊れて秘密鍵がなくなってしまっても、残り2つのパソコンに保管している秘密鍵でアクセスをすることが出来ます。

マルチシグ設定のデメリット

マルチシグ設定は、設定や送金に手数料がかかることや設定が少し面倒ということが挙げられます。


マルチシグに対応したデスクトップウォレット

それぞれマルチシグに対応したウォレットです。

ビットコインではCopay、NEMではNanoWallet(NEMが出してる公式ウォレット)で簡単にマルチシグに対応したデスクトップウォレットを作れます。

Copay(ビットコイン)

NanoWallet(NEM)

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子を可視化する「fiatleak」というサイトの…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子がリアルタイムで分かる「fiatleak」というサイトのご紹介です。

オススメ!仮想通貨管理アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」

仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)を使うと、自分が持っている仮想通貨をポートフォリ…

カウンターパーティー(XCP)とは

カウンターパーティーという名称が仮想通貨の情報の中で目にすることがあると思います。 カウンターパーティーにつ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア