仮想通貨で得た利益は、「雑所得」として扱われる

仮想通貨売買で得た損益は、所得税として課税対象となります。

金融庁は、仮想通貨取引で得た利益は「雑所得」に区分するとしています(雑所得は最大税率50%)。

上場株式や公社債で得た利益は、他の所得と差し引きをして課税対象を減額できる仕組みとなっています(損益通算と言います)、これに対し、仮想通貨は過去3年間の損失を課税対象の利益と相殺することが出来ません。


以前、FX(外国為替証拠金取引)が普及した時も当初は「雑所得」扱いでしたが、後に金融庁の監督下におかれ、2012年には一律20%の課税及び3年間の損失の繰り越し控除が出来るように法整備されたので、今後仮想通貨も市場が発展していけば課税方法が変更されるかもしれません。

雑所得の所得金額が20万円以上の場合は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得の確定申告を翌年の2月16日から3月15日までの間に行い、所得税を納付することになっています。

雑所得とは

雑所得とは、所得税の中の課税所得区分の一つで、利子所得、不動産所得、給与所得、事業所得、配当所得、山林所得、譲渡所得、退職所得、一時所得のいずれにも該当しない所得のことを指します。

損益通算とは

一定の間に行われた複数回の売買の利益と損失を合算した最終的な損失のことを言います。

上場株式の場合は、1月1日から12月31日までの損益を通算し、これに損失が出た場合は、配当所得と損益を通算することで、3年間の繰り越し控除を受けられます。

仮想通貨取引で利益が出た場合の税金の計算例

所得税の速算表

上の速算表に住民税が一律10%加算されます。

実際の計算例

2017年の給与所得が400万円、仮想通貨の利益が300万円、所得の合計が700万円だった場合。

●所得の合計に対する所得税
700万円×23%-63万6千円=97万4千円(上の速算表の695万円超~900万円以下を適用)→①

●給与所得の所得税
400万円×20%-42万7500円=37万2500円(上の速算表の330万円超~695万円以下を適用)→②

●仮想通貨の利益に対する所得税
①-②=60万1500円(→③)

●総所得に対する住民税
700万円×10%=70万円

●給与所得に対する住民税
400万円×10%=40万円

●仮想通貨の利益に対する住民税
300万円×10%=30万円

◎仮想通貨の利益に対する税金
所得税60万1500円+住民税30万円=90万1500円

今回の場合、利益300万円に対し、約30%である約90万1500円の税金がかかります。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

液浸マイニングの特徴

最先端マイニングである液浸マイニングについて、その特徴をまとめました。

マウントゴックス・マウントゴックス事件とは?

マウントゴックス・マウントゴックス事件について説明します。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア