第二回仮想通貨交換業等に関する研究会が開催

2018年4月27日、金融庁は第二回仮想通貨交換業等に関する研究会を開催しました。

金融庁から

・顧客から預かった資産を私的に流用していた事

・自社が発行した仮想通貨の価格操作を行っていた事

等と、仮想通貨取引所が行政処分に至った内容の報告が行われました。

出席した委員からは、

「仮想通貨取引所は、資産の分別管理等、管理体制が不十分であり、銀行と比較しても安全性に問題がある」

「仮想通貨交換登録業において、100社程の業者が新規参入を試みようとしている状態は異例であり(世界の取引所数は約130位なので)、行政処分が行われている業者の中には、登録業者も含まれていることから、業界に参入する規制を考えなおす必要があるのかもしれないと新規参入を厳格化するべきではないか」

「MoneroやZcach等の匿名性の高い通貨は今後どのように取り扱っていくのか」

「今後、日本ではICOをどのように取り扱っていくのか」

「改正資金決済法が施行されてから間がないので、規制強化をするのではなく、現行の体制を運用していく事が重要である」

といった意見が出されました。

上記のような委員から出された意見について、日本仮想通貨交換業協会の会長である奥山氏は、

「預かり資産が銀行と比べたら微々たる取引所もあるので、銀行と同様の規制を行っていくのはいかがなものか」

「日本で新規参入をしようとしているほとんどは海外の業者である。日本は仮想通貨の法整備がされているので、日本で正規なライセンスを取得して国際的に認めてもらいたいという動きもある為、100社が新規参入しようとしているというのは多過ぎではない」

「仮想通貨業界は、オンライン証券やFX等の取引が行われ始めた時と同じ状況である。今後は業界の信頼回復に努力するので、見守ってもらいたい」

と述べました。

日本仮想通貨交換業協会(登録業者の団体)は4月23日に活動を開始しており、今後、業界内の自主規制ルールや事務局の体制整備等を行っていくとされています。

第三回の研究会では、「仮想通貨交換業者に関しての問題点」を具体的に検討していくことが決まりました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ドイツ観光局が仮想通貨決済を導入

ドイツ観光局が仮想通貨決済を導入すると発表しました。

楽天グループの「みんなのビットコイン」が資本金を増資する

2019年1月7日、仮想通貨交換業のみなし業者である「みんなのビットコイン」が、親会社である楽天カードから出…

Wechat運営の巨大企業テンセントがリップルに20億ドル出資か

Wechat運営の企業テンセントがリップル技術に20億ドルもの出資をすることがわかりました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア