上の図は仮想通貨取引におけるチャートですが、このチャートを分析することにより、仮想通貨の価格が上がりそうか下がりそうかということが予想できます。

今回は、チャートを分析する方法について紹介します。

ローソク足の見方

上の図の長方形を「ローソク足」といいます。

ローソク足は、1日のチャートを表したのが「日足」といい、1週間を「週足」、1分を「1分足」、1時間を「1時間足」といいます。

ローソク足から上下に出ている線を「ヒゲ」といいます。
ヒゲは、価格変動を予想する目安になります。

「ローソク足」は、価格の値動きを表しており、始値が終値を上回った時に現れる「陽線」、始値が終値を下回った時に現れる「陰線」があります。

なお、ローソク足のチャートの色は、様々な色の陽線と陰線の組み合わせがあります。

陽線と陰線

陽線

陽線は価格が上がり、始値より終値が高くなった場合を示します。

例えば、1BTCが100万円(始値)から1BTCが150万円(終値)に値上がりすると陽線が現れ、陽線が連続すると上昇傾向であると判断が出来ます。

陰線

陰線は価格が下がり、始値より終値が安くなった場合を示します。

例えば、1BTCが100万円(始値)から1BTCが50万円(終値)に値下がりすると陰線が現れ、陰線が連続すると下落傾向であると判断が出来ます。

ローソク足の4本の値

始値

始値は、取引が開始された時の値段ではなく、最初に取引が成立した時(1時間・1日・1週間等)の価格をいいます。

終値

終値は、最後に取引が設立した時の価格をいいます。

期間内に取引が1回のみであった場合は、始値と終値は同じになります。

高値

高値は、一定期間内の最も高い取引がされた時の価格のことをいいます。

ローソク足から上に出ているヒゲを見て判断します。

安値

安値は、一定期間内の最も安い取引がされた時の価格のことをいいます。

ローソク足から下に出ているヒゲを見て判断します。

ローソク足の基本の形

ローソク足の基本の形は9種類あります。

上記の基本の形以外に「陽の丸坊主」と「陰の丸坊主」という形があります。

陽の丸坊主は、安値(始値)から高値(終値)まで価格が急激に上昇した状態をあらわしています。

それに対し、陰の丸坊主は、高値(始値)から安値(終値)まで価格が急激に下落した状態をあらわしています。

チャートを活用して価格を予想する

買いのサイン

「大陽線」、「陽の丸坊主」、「下ヒゲ陽線」、「下ヒゲ陰線」が買いのサインです。

「大陽線」は、長方形が上に伸びて長いほど買いのサインであると言えます(価格が大きく変動しているということを示しています。特に底値で大陽線が出た時は、価格が急激に上昇するチャンスです)。

「大陽線」の中でも「陽の丸坊主」は、特に価格の上昇が見込める買いのサインであるといえます。

「下ヒゲ陽線」や「下ヒゲ陰線」は、価格が下落しましたが最終的には上昇している状態です。

どちらも今後価格が上昇する可能性が高いサインです。

様子見のサイン

「小陽線」や「小陰線」が出ている場合は、価格に大きな変動がなく今後の価格変動が予測しにくいので、売買をすぐに決めず様子をみた方がいいでしょう。

売りのサイン

「大陰線」、「陰の丸坊主」、「上ヒゲ陽線」、「上ヒゲ陰線」は売りのサインです。

「大陰線」は、長方形が下に伸びて長いほど、売りのサインが強いといえます。

「陰の丸坊主」は特に強い売りのサインといえ、価格が急に下落するサインといえます。

「上ヒゲ陽線」と「上ヒゲ陰線」は、価格が1度上昇したが最終的に下落している状態です。

陽線ですが「上ヒゲ陽線」は、売りのサインなので購入しようとすると危険です。

転換期のサイン

索引同時線とは、相場全体が価格変動の様子見をしている転換期にあらわれます。

索引同時線は、価格が上昇時に出た場合は下落する可能性が高く(売りサイン)、下落時に出た場合は、上昇する可能性が高いといえます(買いサイン)。

さいごに

分析を行っても、分析通りに相場が動くとは限りません。

2018年4月現在、仮想通貨市場の規模は数十兆円程度であり、大口の投資家がチャートを操作することも可能です。

あくまで、投資を行う際の判断資料として考えましょう。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨とトークンの違いとは?プラットホームとは?

仮想通貨とトークン、そしてプラットフォーム・・・この三つの単語の関係性が分かりづらいので、簡潔にまとめてみま…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子を可視化する「fiatleak」というサイトの…

法定通貨が仮想通貨市場へ入ってくる様子がリアルタイムで分かる「fiatleak」というサイトのご紹介です。

仮想通貨取引所ごとに価格に差がある理由。スプレッドについて

取引所によって同じ通貨でも価格が違う理由について説明していきます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア