レンディング(仮想通貨を貸して増やす)サービスとは

bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を貸すことができるサービスがスタートしました。

このレンディングサービスは、「仮想通貨を貸して増やす」サービスです。

(なお、過去にはコインチェックもレンディングサービスを提供していましたが、現在は新規ユーザーの登録制限しています。)

bitbank公式サイトでは、

「仮想通貨を貸して増やす」とは、ビットバンクとお客様が仮想通貨貸借取引契約を締結し、最大5%の料率(利用料)を乗じた仮想通貨を、1年後に受け取ることができるサービスです。当該期間の満了日を迎えると、募集月ごとにお客様が貸し出した仮想通貨に、当社所定の利用料を加算してお客様の口座にお返しします。

利用料率最大5%、貸すだけで仮想通貨が貰えます
あなたのウォレットに眠ってる仮想通貨はありませんか? 使用していない仮想通貨をビットバンクに貸し出すことで、貸し出し数量に応じて3〜5%の利用料を受け取ることができます。

と説明しています。

最初はビットコインしか対応していませんが、後にイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインに対応していく予定です。

貸し出し利用料率

通貨を貸し出した際の利用料率は、通貨の数量によって異なります。

貸し出しの最小数量は1BTC以上であり、貸出数量が上がるにつれて、利用料率が上がります。

1BTC以上5BTC未満が利用料率が年3%。

5BTC以上10BTC未満が利用料率が年4%。

10BTC以上が利用料率が年5%です(貸出の最大数量は1,000BTCです)。

注意事項

長期保有目的でガチホ(ガチでホールドの略)をする予定の人にとってはいいかもしれません。

利用するにあたって、

・1年間コインが拘束されてしまうので、上昇時や下落時などにコインがリリース出来ない。

・最低1BTC以上を貸し出す必要がある。

・原則中途解約は出来ません。
コインをどうしても引き出したいときは中途解約が出来ますが、中途解約をするのに手数料が発生します。
中途解約手数料(税込)5%であり、貸し出していたコインの利用料は加算されません。

等と気を付けなければならないことが多々ありますので注意しましょう。

利用するにはbitbankの口座が必要です

レンディングサービスはbitbank.ccの口座を保有していなければならないので、口座登録をしておきましょう。

bitbank公式サイト

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

CROSS exchang(クロス・エクスチェンジ)で取り扱うアセットバックトークン…

CROSS exchang(クロス・エクスチェンジ)で取り扱うアセットバックトークンについてまとめました。

アメリカ最大級の仮想通貨取引所Coinbaseの特徴について

アメリカ最大手の仮想通貨取引所であるCoinbaseが、日本の仮想通貨取引市場の開拓を目指すと発表がありまし…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア